スポーツ学部 スポーツ学科

学校スポーツ
コース

スポーツで成長する。
子どもたちも、私自身も。

コースの特長

スポーツ・健康教育に関する深い理解と高い実践力を備え、学校教育現場における保健体育授業やスポーツ活動の充実に寄与する人材を育成します。

Point

01

教師としての資質を磨く

体育科教育課程論、授業分析評価法などの理論的なカリキュラムとともに、保健体育教員として現場で生きる実践的力量の向上を目指します。

Point

02

実践的な模擬授業

学内で模擬授業を繰り返し、授業力・改善力を養うとともに、教育実習や学校ボランティア、インターンシップなどの実践を通して学びます。

Point

03

教員の豊かな経験に学ぶ

学校現場の経験豊富な教員が、生きた知識を伝えるとともに、教員採用試験に向けた学習もしっかりサポートします。

Student & Teacher Interview

仲宗根 森敦 講師

先生役、生徒役、観察役に分かれて行う「模擬授業」など、教育現場で活躍することを見据えたカリキュラムを用意しています。本コースの卒業生の多くは、中・高等学校の保健体育教員あるいは併設校における教職課程を履修して小学校教員を目指します。関西圏を中心に多くのOB・OGが教育現場で活躍しているのも本コースの強み。つながりを生かして現場の声を聞く機会を増やしていきますので、教員を目指す方は期待してください。

伊達 彩音 4年次生 神戸市立神港高等学校出身

学校スポーツコースに所属してから教育現場で保健体育教員に必要とされる資質・能力が具体化されました。3年次に行うインターンシップ実習では、様々な年代の子どもたちと関わりたいと思い、保育園を希望しました。子どもたちの生き生きと学ぶ姿勢を見て、改めて教育の魅力を感じました。スポーツは子どもたちと関わっていくための最高の道筋。そのための学びを、もっともっと深めていきたいと思います。

授業 Pick Up

学校スポーツ専門実習Ⅰ

保健体育教員としての能力向上を目指す

保健体育教員の授業づくりの能力向上を目指し、マイクロティーチングや模擬授業を体験実習します。また、近隣の中学校・小学校では現職の教員による体育授業を参観し、授業観察や授業分析もあわせて行います。

保健体育授業分析評価法

授業を振り返り、改善・向上を図る能力を養成する

体育授業を客観的に振り返るための分析評価法、統計処理を理解し、授業を省察する力を身につけます。「学校スポーツ専門実習Ⅰ」で行った模擬授業の映像やデータをもとに多角的に評価を実施し、統計的な処理をしたうえで具体的な授業の改善案を提案します。

学校スポーツコース コース専門科目

コース専門科目

4年間のカリキュラムはこちら

卒業後の進路

  • ●教員(小学校・中学校・高等学校)
  • ●幼児教育関係
  • ●社会体育・公共施設
  • ●公務員(警察・消防・行政など)
  • ●進学(大学院・資格取得など)