びわスポキッズプログラム

子どもが、よりよくスポーツを習得するには旬があります。特に3歳から6歳にかけて、神経系の発達が著しく、5歳の子どもでは大人に比べて80%にも達します。この年代の子どもたちの“スポーツの芽”をしっかりと育む取り組みが、この“びわスポキッズプログラム”です。

プログラム概要

図

「バランス」、「リズム」、「タイミング」の3要素をキーワード(BRT)とし、運動プログラムの中に取り入れています。これまでのように体力や技術を前面して指導するのではなく、センスを磨くことを重視し、それによって児童本人の持つスポーツの可能性を大いに伸ばせます。また、スポーツマインドは、「スマイル」、「自律・協調」、「フェアプレー」をキーワードとして,スポーツを通して心豊かに成長してくれることをプログラムに取り入れています。

親子でできるキッズプログラム

~ボール遊び編~

幼稚園・保育園・こども園巡回指導

子どもたちにスポーツ(運動・遊び)を提供するために、本学で研修を積んだキッズリーダーが、保育・幼稚園等へ巡回指導をしています。これまでスポーツに親しんだことのない園児・児童も含めて、より多くの子どもたちが運動・遊びを通じてスポーツに親しむ機会を提供すると共に、子どもたちの心身の健全な育成と発達を助長することを目的として活動しています。

びわスポキッズフェスティバル

子どもたちに、広いグラウンドでおもいっきり体を動かしてもらい、「運動が楽しい!」ということを体験してもらいたい、という強い思いから「びわスポキッズフェスティバル」を開催しています。
一流の指導者や日頃から様々なスポーツに取り組む大学生キッズリーダーと共に楽しむ中で、スポーツに対する“夢”や“憧れ”を抱いて欲しいと願っています。
びわスポキッズフェスティバルは、運動の「センス」を磨くことを目的としており、子どもたちのあらゆる「可能性の種」を、スポーツを通じて、その「芽」を育み、将来大きな「花」(夢)を咲かせるために開催しています。

キッズリーダー研修会

保育園や幼稚園、こども園への巡回指導やフェスティバルでスポーツ(運動・遊び)プログラムを担当する「キッズリーダー」を養成するために、びわこ成蹊スポーツ大学スポーツ開発・支援センターでは「キッズリーダー研修会」を開催しています。
教員が中心となって、子どもを対象としたスポーツ(運動・遊び)プログラムについての講義や実技指導を行い、指導者としての知識と技術を習得するため研修を重ねています。
研修会ではこれらの指導を受けるだけでなく、巡回指導先の幼稚園教諭や保育士の先生方からいただいた専門的な意見について共有を図り、またリーダー同士が意見交換を行うなど、プログラム再構築の場となっています。この様な研修会を重ねることで、より楽しく効果の高いプログラムを実施できる様に取り組んでいます。

びわスポキッズプログラムは、産官学の連携により、企業・教育委員会・体育協会等、様々な団体からのご指導・ご協力をいただき運営されています。

図
【協賛】
株式会社平和堂、滋賀トヨペット株式会社、エールコーポレーション株式会社、株式会社福屋ホールディングス、草津ライオンズクラブ、キリンビバレッジバリューベンダー株式会社、ミズノ株式会社、近江鍛工株式会社、株式会社スポーツショップキムラ
【後援】
滋賀県・滋賀県教育委員会、大津市・大津市教育委員会、高島市教育委員会、公益財団法人 滋賀県体育協会、大津市体育協会、NPO法人BIWAKO SPORTS CLUB

お問い合わせ

びわこ成蹊スポーツ大学 
スポーツ開発・支援センター

TEL077-596-8446 
FAX077-596-8447 
E-mailsen@bss.ac.jp