スポーツ学部 スポーツ学科

野外スポーツ
コース

大自然の中で、自分を見つめ、
仲間と向き合う。

コースの特長

自然の中での生きた学びをとおして培った感性や、人・環境への理解に基づいて、あらゆる年代・立場の人に、自然の持つ特性を活かしたスポーツ教育活動を企画・運営し、指導できる資質および能力を備えた人材を育成します。

Point

01

遠征型の実習や指導実習

本格的な遠征型キャンプや、フレッシュマンキャンプへのカウンセラーとしての参加を通して、
野外スポーツ指導者としての専門的な知識や実践力を身につけます。

Point

02

豊かな自然環境を活かす

山と湖に囲まれた豊かな自然環境を活かした冒険教育プログラムを通して、
心身の発達とともに、自然環境への配慮ができる人材を育成します。

Point

03

楽しみながら学び成長する

アイスブレーキングやイニシアティブゲーム、ネイチャーゲームなどを取り入れた実習と
アクティビティで自然を愛し、楽しむマインドを身につけます。

Student & Teacher Interview

田代 晶子 4年次生 愛知県立三好高等学校出身

高校でもスポーツを学びながら、陸上競技を続けてきました。本学に進学した高校の先輩から、スポーツを多角的に学ぶことができると聞いてすごく興味を持ちました。野外スポーツコースを選択したのは、入学式直後のフレッシュマンキャンプが楽しかったから。もともと人見知りが激しくて人と深く関わるのが苦手でしたが、子どもたちへの指導や専門実習などを通して、協調性やコミュニケーション能力を身につけることができ、積極的になりました。学びのすべてを楽しみながら、成長していると実感しています。

林 綾子 教授

野外スポーツは自然と関わっていくためのツールのひとつです。スキルを身につけてより深く自然の中に入っていくと、人や環境との関わり、自然への理解がぐっと広がっていきます。3年次には夏に6泊7日の登山とシーカヤック、冬はゲレンデスキーにバックカントリーと、年2回の専門的な実習を行い、自然の中で、人や自然に向き合う意味を学びます。仲間とともに支え合って乗り越える姿勢を自然から学び、社会に出てからもまっすぐ前を向いて挑戦を続けていく人材を育てます。

授業 Pick Up

野外スポーツ専門実習Ⅰ・Ⅱ

冒険教育を通して、生き抜く力と指導者になるための素養を育む

キャンプ、長距離ハイク、ソロビバーグなど代表的な野外プログラムを体験します。実習の過程で身体的、精神的な発展を目指すとともに、自然環境への配慮ができる「野外スポーツ指導者」の素養を育みます。

野外スポーツ指導法

キャンプで用いられる代表的なプログラムの内容を理解する

野外スポーツの中でも代表的なアイスブレーキングやイニシアティブゲーム、ネイチャーゲームを取り入れ、実習とアクティビティを実施。自然環境や対象者によってプログラムを構築し、効果的な指導を行う力を養います。

野外スポーツコース コース専門科目

コース専門科目

4年間のカリキュラムはこちら

卒業後の進路

  • ●野外スポーツ関係
  • ●アウトドア用品関係
  • ●社会体育・公共施設
  • ●幼児教育関係
  • ●公務員(警察・消防・行政など)
  • ●進学(大学院・資格取得など)