スポーツ
学部
取得できる免許・資格

  • 学部・大学院
  • スポーツ学部・スポーツ学科
  • 取得できる免許・資格

免許や資格を取得すると、将来の進路選択の幅が広がります。
びわこ成蹊スポーツ大学では中学校・高等学校教諭一種免許状をはじめ、次の免許・資格を取得することができます。

所定の単位を修得することにより、卒業時に取得できるもの
全7コースで取得可能

免許・資格 詳細
中学校教諭一種免許状
(保健体育)
中学校の保健体育の教員になるために必要な免許状です。
高等学校教諭一種免許状
(保健体育)
高等学校の保健体育の教員になるために必要な免許状です。
初級スポーツ指導員
【(公財)日本障がい者スポーツ協会】
地域で活動する指導者で、主に初めてスポーツに参加する障がい者に対し、スポーツの喜びや楽しさを重視したスポーツの導入を支援する資格です。
中級スポーツ指導員
【(公財)日本障がい者スポーツ協会】
地域における障がい者スポーツのリーダーとしての役割を持ち、指導現場で充分な知識・技術と経験に基づいた指導ができる資格です。
レクリエーションインストラクター
【(公財)日本レクリエーション協会】
余暇やレクリエーションに関する理論と実技の基本的な学習を積み、レクリエーションを楽しく教える指導者に必要な資格です。
スポーツ指導基礎資格
(スポーツリーダー)
【(公財)日本体育協会】
地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、基礎的なスポーツ指導や運営にあたる資格です。スポーツ指導の基礎的知識を学ぶ資格です。

所定の単位を修得することにより、資格取得のための試験の受験資格が得られるもの
全7コースで受験資格取得可能(アスレティックトレーナーを除く)

免許・資格 詳細
健康運動実践指導者
【(公財)健康・体力づくり事業財団】
医学的基礎知識、運動生理学の知識、健康づくりのための運動指導の知識・技術などを持ち、健康づくりを目的として作成された運動プログラムに基づき、ジョギング、エアロビック・ダンス、水泳および水中運動などのエアロビック・エクササイズ、ストレッチング、筋力・持久力トレーニングなどの補強運動の実践指導を行うことができる資格です。
健康運動指導士
【(公財)健康・体力づくり事業財団】
メタボリックシンドロームの予防・生活習慣病ハイリターン者への運動指導、少子高齢社会を踏まえた介護予防のための運動指導の専門家の資格です。
GFI(グループエクササイズフィットネスインストラクター)
【(公財)日本フィットネス協会】
人々の積極的な健康づくりを推進することを目的として、地域や民間のスポーツクラブおよびフィットネスクラブなどにおけるグループエクササイズの指導者に必要な資格です。
アスレティックトレーナー
【(公財)日本体育協会】
※トレーニング・健康コースでの履修が必要となります。
スポーツドクターおよびコーチとの緊密な協力のもとに、スポーツ選手の健康管理、障害予防、スポーツ外傷、障害の応急処置、アスレティックリハビリテーションおよび体力トレーニング、コンディショニングなどにあたる資格です。
レクリエーションコーディネーター
【(公財)日本レクリエーション協会】
生涯スポーツを中心とした様々なプログラムの提案や実践を行いながら、地域の人材や団体を効果的にコーディネートし、市民に向けたレクリエーション事業の中心的な推進役となる資格です。
アシスタントマネジャー
【(公財)日本体育協会】
総合型の地域スポーツクラブなどにおいて、クラブ員が充実したクラブライフを送ることができるよう、クラブマネジャーを補佐し、クラブマネジャーの諸活動をサポートするための資格です。