研究倫理と不正防止への取り組み

  • 教育・研究
  • 研究活動について
  • 研究倫理と不正防止への取り組み

公的研究費の管理・運営

びわこ成蹊スポーツ大学は、文部科学省の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン (平成26年2月18日文部科学大臣決定)」を基に、本学における公的研究費の適正な管理・運営の基盤となる体制を構築しました。 本学は、今後とも、公的研究費の適正な管理・運営のための様々な取組みを推進いたします。

1.責任体系の明確化

公的研究費の管理・運営を適正に行うため、責任者とその権限を明確にしています。

最高管理責任者 本学は、大学全体を統括するとともに、適切なリーダーシップを発揮し、公的研究費の管理・運営の最終責任を負う者として、最高管理責任者を指定し、学長をもって充てています。
統括管理責任者 最高管理責任者を補佐し、本学全体を統括するとともに、公的研究費の管理・運営について実質的な責任と権限を持つ者として、統括管理責任者を指定し、事務局長をもって充てています。
コンプライアンス推進責任者 統括管理責任者の指示の下、内部統制の強化を図るため、コンプライアンス教育の受講管理、競争的資金等の管理・執行のモニタリング・改善指導等の役割を担うものとして学部長をもって充てています。
コンプライアンス推進副責任者 コンプライアンス推進責任者を補佐し、競争的資金の管理・執行の適切な管理など実効的な管理監督を担うものとして事務部長をもって充てています。

2.適正な研究活動

本学のすべての教職員が遵守すべき行動規範を策定しています。

びわこ成蹊スポーツ大学における研究活動に係る行動規範(PDF)

公的研究費の使用ルールや公募方法、その他各種研究費等の執行ルールなどについて、学内外からの問い合わせや相談を受け付ける窓口を設置しています。

相談窓口

びわこ成蹊スポーツ大学 事務部総務課

〒520-0503 滋賀県大津市北比良1204番地
TEL077-596-8410  FAX077-596-8419

E-mailでのお問い合わせは、こちらのメールフォームに必要事項をご記入の上送信ください。

※びわこ成蹊スポーツ大学 公的研究費の適正な運営・管理についての相談窓口にチェックを入れてください。

3.不正発生要因の把握及び不正防止計画の策定

本学は、公的研究費の不正使用防止計画を推進する部署を指定し、必要な業務を行います。 また、統括管理責任者は、不正防止計画の実施に必要な措置を講じます。
研究費の不正な使用に関与したと認定した業者に対しては、本学との取引を停止します。

4.円滑なる情報伝達体制の確立

本学園に、研究活動上の不正行為に関する通報・告発を受け付ける窓口を設置しています。
通報は、封書、電子メール、電話及び面談により、下記の通報・告発窓口で受け付けます。

窓口で通報を受け付けた際は、速やかに統括管理責任者に報告し、統括管理責任者は、通報の要件を確認の上、当該通報の内容を速やかに最高管理責任者に報告します。

通報・告発窓口

大阪成蹊学園リスク管理部

〒533-0007 大阪市東淀川区相川3丁目10番62号
TEL06-6829-2591  FAX06-6829-2509

5.モニタリングの実施

公的研究費を適正に管理・運営し、不正使用防止計画を推進するために、大阪成蹊学園監査部が、機関全体としての視点から、本学における内部監査を効率的に行っています。