アカデミックアワー

アカデミックアワーは、びわこ成蹊スポーツ大学の図書・学術委員会が主催する「教員の、教員による、教員のための研究発表の場」です。教員が普段、取り組んでいる専門分野の研究成果や実践報告を披露し、発表後のディスカッションを通じて教員、研究者としての資質向上を図っています。

2016年度

<開催時間>16:30〜17:50   
<会場>第2講義棟1階 第1ホール

発表日 研究代表・発表者 テーマ
1 2016.5.11 川合 英之 学校現場が求める保健体育科教員の有り方について
黒澤 寛己 中学校武道必修化の現状と課題
2 2016.6.1 村瀬 陽介 運動が免疫機能に与える影響
黒須 朱莉 ユースオリンピックにおけるNOC混合チームについて
3 2016.7.6 禰屋 光男 「高地・低酸素環境暴露における総ヘモグロビン量と
パフォーマンスの変化」
田中 忍 軟部組織に対するリン酸カルシウムコーディング
4 2016.10.5 木村 和美 「地域の教育力」とは何か
田村 徳子 ブラジルの校長先生の選び方
5 2016.11.2 狩野 孝之 スポーツと健康づくり政策について
林 弘典 柔道の投技評価における異見発生について
第1回(2016.5.11) 川合 英之「学校現場が求める保健体育科教員の有り方について」 黒澤 寛己「中学校武道必修化の現状と課題」 第2回(2016.6.1) 村瀬 陽介「運動が免疫機能に与える影響」 黒須 朱莉「ユースオリンピックにおけるNOC混合チームについて」 第3回(2016.7.6) 禰屋 光男「高地・低酸素環境暴露における総ヘモグロビン量とパフォーマンスの変化」 田中 忍「軟部組織に対するリン酸カルシウムコーディング」 第4回(2016.10.5) 木村 和美「『地域の教育力』とは何か」 田村 徳子「ブラジルの校長先生の選び方」 第5回(2016.11.2) 狩野 孝之「スポーツと健康づくり政策について」 林 弘典「柔道の投技評価における異見発生について」

※5月を含め、年度内で5回開催予定。(2016.5.24現在)

2010年度〜2015年度アカデミックアワーでの研究発表の様子は以下の「THINK SPORT」をご覧ください。