スポーツ学部 スポーツ学科

コーチング
コース

人に向き合い、人の力を引き出す
スキルと人間力。

コースの特長

より高度で専門的なコーチングに関する知識および技術を修得し、様々なスポーツ現場のニーズに応え得る人材、ひいてはスポーツの現場だけでなく、一般社会でも通用する優れたリーダー・指導者を育成します。

Point

01

世界経験を学生に

世界と戦った経験をもつ教員が、その経験知を学生に伝えることで、現役世代のアスリートや指導者の学修の指標や到達目標を示します。

Point

02

社会での実践力を磨く

プロスポーツチームや学校スポーツ等の現場で、コーチングの「理論」と「実践」を学び、メンバーシップ・リーダーシップとフォロワーシップの獲得へと進みます。

Point

03

理論と競技の両立

自分自身の競技種目でアスリートとしての能力やコーチングスキルを磨きながら、その経験を科学として昇華させ、豊かな人間力を涵養します。

Student & Teacher Interview

森本 美香 4年次生 福井県立福井商業高等学校出身

保健体育の教師になりたくて、この大学に入りました。はじめは漠然とした目標だったのですが、学ぶうちに教職を目指すものとしての自覚と責任感を持てるようになってきました。コーチングは、人の潜在的な力を引き出すこと。体罰やドーピングなど、スポーツコーチングの現場で問題となっていることを授業でディスカッションしたことがあります。長い目で見れば、それは力を引き出すのではなく、むしろ損なうこと。人を育てる上で大切な視点を学びました。

吉川 文人 准教授

バスケットボールのゲーム分析を中心として、パターン認識および画像処理技術の動作分析への応用を専門としています。スポーツ指導は、ともすれば精神論に傾きがちですが、大切なのは科学的なメソッドです。広い意味でのコーチングは、スポーツだけでなく人の社会活動のさまざまな面で必要とされます。学生には、その潜在的な許容量を正確に見極めたうえで、オーバーローディング(過負荷)を意図的にかけることもあります。それも主体性を引き出すためのコーチングのひとつです。

授業 Pick Up

コーチング理論Ⅰ

実践に活用できるコーチング理論とスキルを学ぶ

実際のスポーツの現場で求められているコーチ・コーチングとはどのようなものかを理解し、コーチングに関する基礎の修得を目指します。講義では、コーチングの理論や実技を教員独自の経験を融合させながら展開していきます。

コーチング基礎演習

コーチングに必要な能力を学ぶ

コーチングとは、競技者との相互のコミュニケーションによって、競技者自らが課題を発見・解決し、目標を達成できるよう支援すること。講義では、ディスカッションなどを用いて今後コーチングコース生に求められる「知識」「姿勢」「意欲」などの素養を養います。

コーチングコース コース専門科目

コース専門科目

4年間のカリキュラムはこちら

卒業後の進路

  • ●幼児教育関係
  • ●プロスポーツ(選手継続・スタッフなど)
  • ●社会体育・公共施設
  • ●教員(幼稚園・小学校・中学校・高等学校)
  • ●公務員(警察・消防・行政など)
  • ●進学(大学院・資格取得など)
  • ●一般企業