スポーツ学部 スポーツ学科

コーチング
コース

人に向き合い、人の力を引き出す
スキルと人間力。

コースの特長

より高度で専門的なコーチングに関する知識および技術を修得し、様々なスポーツ現場のニーズに応え得る人材、ひいてはスポーツの現場だけでなく、一般社会でも通用する優れたリーダー・指導者を育成します。

Point

01

世界での経験を学生へ

世界を舞台に活躍した教員が、その経験知を学生に伝えることで、
現役世代のアスリートや指導者の学修の指標や到達目標を示します。

Point

02

社会での実践力を磨く

プロスポーツチームや学校スポーツなどの現場で、活きるコーチングの「理論」と「実践」を学び、
メンバーシップ・リーダーシップとフォロワーシップの獲得へと進みます。

Point

03

理論と競技の両立

自分自身のアスリートとしての能力やコーチングスキルを磨きながら、その経験を科学として昇華させ、
自らの意志で豊かな人間力を育みます。

Student & Teacher Interview

北出 日香織 4年次生 三重県立名張高等学校出身

父が小学生のソフトボールチームの指導を行っていたので、私もそこで指導をしたいと考えるようになり、本コースを選びました。コーチングを学んで、まず変化したのは競技者としての自分。「指導の基礎は生活にある」とのことで、睡眠や食事を気遣うようになったのですが、これが見事に競技力向上につながりました。コーチング理論や自身の体験を、指導者になったときに活かしたいです。

林 弘典 教授

コーチの語源は、大切な人を目的地に運ぶ四輪馬車・コチ(kocsi)に由来します。スポーツの世界でコーチといえば、選手が求める目標に到達できるよう、あらゆる指導を行うことです。そのため、コーチには専門知識の他に、観察力やコミュニケーション力が求められます。本コースで磨くそれらの力は、スポーツ指導者はもちろん、社会のあらゆる場面で活かせます。

授業 Pick Up

コーチング理論Ⅰ

実践に活用できるコーチング理論とスキルを学ぶぶ

実際のスポーツ現場で求められているコーチ・コーチングとはどのようなものかを理解し、コーチングに関する基礎の修得を目指します。講義では、コーチングの基礎理論に加え、実際の現場で活用できる実践力・応用力を磨きます。

コーチング基礎演習

コーチングに必要な能力を学ぶ

コーチングとは、競技者との相互のコミュニケーションによって、競技者自らが課題を発見・解決し、目標を達成できるよう支援すること。講義では、ディスカッションなどを用いてコース生に求められる「知識」「姿勢」「意欲」などの素養を身につけます。

卒業後の進路

  • ●幼児教育関係
  • ●プロスポーツ(選手継続・スタッフなど)
  • ●社会体育・公共施設
  • ●教員(中学校・高等学校)
  • ●公務員(警察・消防・行政など)
  • ●進学(大学院・資格取得など)
  • ●一般企業