学内共同研究

本学の活性化と発展に向けたプロジェクト研究として、以下の4つの観点から取り組んでいます。

  • (1) 教育研究の充実発展の観点から、特別の配慮を必要とする教育研究プロジェクト
  • (2) 社会的動向を踏まえ要請の強い教育研究プロジェクト
  • (3) 本学の国際化を図る観点からの教育研究プロジェクト
  • (4) その他本学の教育研究の進展に寄与するプロジェクト

代表者と研究テーマ(2017年度

代表者 研究テーマ
佃文子 教授 女性アスリートの卒業後のスポーツ継続性とその課題-現役女子学生と卒業生を対象に-
佃文子 教授 膝前十字靭帯損傷(ACL損傷)のリスク評価と傷害予防のための介入の試み
秋武寛 准教授 「びわスポキッズプログラム」事業の運動能力、身体活動量、生活習慣の効果検証
禰屋光男 准教授 野外でのスポーツ活動における生理的ストレスの評価方法の検討
山本達三 准教授 レジャー版消費者関与尺度におけるリスク項目再考‐‐びわイチサイクリスト、自転車イベント・レース参加者に着目して--
大西祐司 講師 体育科授業学生アシスタントの成果と課題
藤林献明 講師 ジュニアからシニアに至る"運動の巧みさ"に関する評価指標と発達過程
股村美里 講師 思春期における生活習慣形成を目的とした教育プログラムの開発と効果測定
安倍健太郎 助手 ゴール型教材としてのアルティメットの有効性の検討~ボールを持たない動きに着目して~
齋藤壮馬 助手 陸上競技の授業におけるマーク走のトレーニング効果に関する研究
西村拳弥 助手 運動遊び場面における幼児のやる気に変容に関する質的研究
西村拳弥 助手 大学野球部員はメンタルトレーニングでの経験をどのように語るのか