スポーツ学部 スポーツ学科

トレーニング
・健康コース

アスリートを支え、
人々の健康に貢献する
確かな技術と知識を。

コースの特長

競技力の向上や健康づくりに活用するための、スポーツ医学、トレーニング科学、スポーツ栄養学といった学問を通じて実践的指導力を身につけ、社会に貢献できる人材を育成します。

Point

01

現場に活きる実践的な学び

講義で学んだことを自分自身や仲間とのトレーニングによって実践的に体得します。

Point

02

クラブ活動でのサポート実践

高い競技レベルを誇る学内のスポーツクラブでトレーニングやリハビリテーションを実践。アスリートのフィジカルとメンタルを支える技術を学びます。

Point

03

科学的なアプローチを学ぶ

生理学、栄養学、医学など、多岐にわたる自然科学的な知識を深め、健康とトレーニングの専門家として働くための基礎を修得します。

Student & Teacher Interview

佃 文子 教授

健康の維持や増進を図るにはどのような運動が有効なのか。また、運動能力を効果的に高めるにはどういうトレーニングをすれば良いのか。本コースではその答えをトレーニング科学、運動生理学、栄養学など自然科学的な視点から導きます。講義で学んだことを自ら、あるいは仲間とのトレーニングによって実践的に体得してもらい、市民アスリートの健康づくりを支えられる人材を育てたいと考えています。

堀内 裕大 4年次生 大阪府立交野高等学校出身

「アスレティック・リハビリテーション相談」という仕組みがあり、ここでは競技復帰を目指すアスリートがアスレティックトレーナーの資格を持つ教員からコンディショニングのアドバイスを受けることが出来ます。トレーニングメニューを提案し、競技特性やケガの部位だけでなく選手の個性も考えて、きめ細やかなサポートが行われているそばで学べることや、さまざまなアスリートが集まっているこの大学は、トレーナーを目指す僕にとって最高の環境です。

授業 Pick Up

身体開発特別講義

身体開発の仕組みを学ぶ

身体開発の中でも基礎となる部分、運動器の外傷・障害の発生メカニズム、リハビリテーションおよび予防に関して理解を深めます。自ら収集した身体開発の情報をレポートにまとめ、プレゼンテーションを行うことで知識の定着および他者に伝える技術を修得していきます。

スポーツコンディショニング論

姿勢や動作を分析し、コンディショニングを知る

アスリートがゲームやレースで実力を発揮するには、日頃のトレーニングなど数多くの準備が大切です。講義では、コンディションに深く関わる内的要因、外的要因を学び、コンディショニングの段階や評価方法を理解します。

トレーニング・健康コース コース専門科目

コース専門科目

4年間のカリキュラムはこちら

卒業後の進路

  • ●フィットネス関係
  • ●スポーツ用品関係
  • ●医療・福祉関係
  • ●公務員(警察・消防・行政など)
  • ●教員(中学校・高等学校)
  • ●進学(大学院・資格取得など)