スポーツ学部 スポーツ学科

トレーニング
・健康コース

アスリートを支え、
人々の健康に貢献する
確かな技術と知識を。

コースの特長

競技力の向上や健康づくりに活用するための、スポーツ医学、トレーニング科学、スポーツ栄養学といった学問を通じて実践的指導力を身につけ、社会に貢献できる人材を育成します。

Point

01

現場で活きる実践的な学び

授業で学んだことを自分自身や仲間とのトレーニング・コンディショニング取り入れ、実践的に体得します。

Point

02

クラブ活動でのサポート実践

高い競技レベルを誇る学内のクラブ活動でトレーニングやリハビリテーションを実践。
アスリートのフィジカルとメンタルを支える技術を学びます。

Point

03

科学的なアプローチを学ぶ

生理学、栄養学、医学など、多岐にわたる自然科学的な知識を深め、
健康とトレーニングの専門家として活躍するための基礎を修得します。

Student & Teacher Interview

定國 大地 4年次生 姫路市立琴丘高等学校出身

怪我をしたとしても、早急に回復できる方法はないのか。自分自身に怪我が多いので、どうしたら減らせるかを常に考えています。アスレティックトレーナーという職業に興味を持ち、関西随一のサッカー強豪校で学べるというのが一番の魅力であり、それに加えて理論を学ぶ場と実習が本学では充実しています。トレーナーは相手との信頼関係が大切だと思っています。「この人が言うのなら、大丈夫だろう」と信頼してもらえるトレーナーになりたい。それを可能にしてくれる環境だと実感しています。

小柗 猛 教授

スポーツ医学の授業では、怪我の内容や、スポーツ復帰までのリハビリなどの対処法といったことを丁寧に指導しています。本コースには、自分が怪我をして、リハビリ経験のある学生もいることから、怪我をした時の対処や予防の仕方を知っているか否かが重要であることを理解して欲しいと思っています。授業では、手術の画像などを使いながら、よりリアルに怪我に対する理解を深められる工夫をしています。自分の身体を知った上で、実践的なトレーニングや健康に関する知識と指導力が身につくコース。大学時代にしかできないことを学んで欲しいですね。

授業 Pick Up

身体開発特別講義

身体開発の仕組みを学ぶ

運動器の外傷・障害の発生メカニズム、リハビリテーションおよび予防に関して理解を深めます。身体開発に関する情報についてレポートにまとめ、プレゼンテーションを行うことで知識の定着および他者に伝える技術を修得します。

スポーツコンディショニング論

姿勢や動作を分析し、コンディショニングを知る

アスリートがゲームやレースで実力を発揮するためには、日頃のトレーニングなど数多くの準備が大切です。講義では、コンディションに深く関わる内的要因、外的要因を学び、コンディショニングの段階や評価方法を理解します。

トレーニング・健康コース コース専門科目

コース専門科目

4年間のカリキュラムはこちら

卒業後の進路

  • ●フィットネス関係
  • ●スポーツ用品関係
  • ●医療・福祉関係
  • ●公務員(警察・消防・行政など)
  • ●教員(中学校・高等学校)
  • ●進学(大学院・資格取得など)