スポーツ学部 スポーツ学科

トレーニング
・健康コース

アスリートを支え、
人々の健康に貢献する
確かな技術と知識を。

コースの特長

競技力の向上や健康づくりに活用するための、スポーツ医学、トレーニング科学、スポーツ栄養学といった学問を通じて実践的指導力を身につけ、社会に貢献できる人材を育成します。

Point

01

現場で活きる実践的な学び

授業で学んだことを自分自身や仲間とのトレーニング・コンディショニングへ取り入れ、実践的に体得します。

Point

02

クラブ活動でのサポート実践

高い競技レベルを誇る学内のクラブ活動でトレーニングやリハビリテーションを実践。
アスリートのフィジカルとメンタルを支える技術を学びます。

Point

03

科学的なアプローチを学ぶ

生理学、栄養学、医学など、多岐にわたる自然科学的な知識を深め、
健康とトレーニングの専門家として活躍するための基礎を修得します。

Student & Teacher Interview

山中 楓 4年次生 京都府立山城高等学校出身

子どもの頃からダンスをしていましたが、身体が小さく「もっと大きく見せたい」とずっと思っていました。ダンス以外のスポーツも得意で、さらにトレーニングも好きだったので、本コースを選択しようと高校3年生の頃にもう決めていました。教員は佃先生をはじめ、スポーツ業界の第一線で活躍されている方ばかりです。生理学や栄養学など内容は専門的で易しくはないですが、その分、本学で学ぶ意義を実感しています。

佃 文子 教授

病気や怪我に対して、「治療する」といった概念ではなく、いかにエクササイズによって、機能を改善できるか。あるいは、予防的に働きかけられるかといった「運動プログラム」に関する内容を本コースでは学んでいきます。勘違いされやすい領域ですが、マッサージの手法などを本格的に学ぶ所ではありません。スポーツの立ち位置に基づいて、機能不全に対する改善案を提供できる人材を育成したいと考えています。

授業 Pick Up

身体開発特別講義

身体開発の仕組みを学ぶ

運動器の外傷・障害の発生メカニズム、リハビリテーションおよび予防に関して理解を深めます。身体開発に関する情報についてレポートにまとめ、プレゼンテーションを行うことで知識の定着および他者に伝える技術を修得します。

スポーツコンディショニング論

「一番強い姿勢」で勝負する

アスリートがゲームやレースで実力を発揮するためには、日頃のトレーニングなど数多くの準備が大切です。「一番強い姿勢」で勝負するために必要なさまざまな要因を、どのように一番良い状態に整えるか(コンディショニング)を学びます。

卒業後の進路

  • ●フィットネス関係
  • ●スポーツ用品関係
  • ●医療・福祉関係
  • ●公務員(警察・消防・行政など)
  • ●教員(中学校・高等学校)
  • ●進学(大学院・資格取得など)