教員紹介

准教授

田中 忍

Shinobu Tanaka

主な担当科目

テーピングマッサージ法
スポーツコンディショニング論
身体開発専門実習Ⅱ

最終学歴・学位 筑波大学大学院博士課程体育科学研究科 単位取得後退学、修士(体育学)
専門分野

スポーツ医学、トレーニング科学

研究テーマ 特別な用具や施設がなく、専門の指導者がいない環境で、ケガの予防やパフォーマンスの向上を目指すにはどのような取り組みが出来るかということを課題としています。
職歴・経歴 【競技歴】
バレーボール

【スポーツ指導歴】
《アスレティックトレーニング》
・筑波大学女子バレーボール部
・筑波大学トレーニングクリニック
・武蔵丘短期大学 他
《バレーボール》
・Saskatchewan大学(カナダ)女子バレーボールチーム アシスタントコーチ
・聖カタリナ大学女子バレーボール部 監督
主な業績(著書・論文等)
【論文・報告】
・田中忍,太田あや子(2013). ノルディックウォークイベントの視察報告, 武蔵丘短期大学紀要20 : 89-91.
・田中忍,長畑芳仁(2012). アスレティックトレーナー教育, 武蔵丘短期大学紀要19 : 149-153.
・Kobayashi S, Sakane M, Mutsuzaki H, Nakajima H, Tanaka J, Miyanaga Y, Ochiai N(2007). Calcium phosphate hybridized with human semitendinousus and gracilis tendon graft, Key Engineering Materials 330-332 : 1117-1120.
・Tanaka S, Sakane M, Tanaka J, Yamaguchi I, Shimojo H, Kato K, Tateishi T, Miyanaga Y(2001). Apatite coating in/on rabbit tendon using an alternate soaking process, Key Engineering Materials 192-195 : 479-482.
・田中忍,下條仁士,宮永豊,坂根正孝,和田野安良,田中順三,福崎裕延,山口勇(2001). 腱/靭帯へのリン酸カルシウム化合物コーティング−交互浸漬法による最適複合化−, 日本臨床バイオメカにクス学会誌22 : 105-108.
・田中忍,杤堀申二,下條仁士,宮永豊(1999). 高校バレーボール選手における肩障害の実態と対処法に関する調査,バレーボール研究1(1) : 16-20.
・田中忍,白木仁,下條仁士,宮永豊(1998). 各種スポーツ選手の肩内外旋筋力にみられる筋力特性,臨床スポーツ医学15(10) : 1176-1180.
活動紹介 中高の部活動や社会人のチームにて、アスレティックトレーナーとしてサポート活動を行っています。また、指導者を目指す方たちにはスポーツ医科学について、一般市民特にシニアの方には、健康増進のための講演や実技を行っています。
所属学会 日本アスレティックトレーニング学会
日本体育学会
日本バレーボール学会

学生へのメッセージ

スポーツ分野には、皆さんが知らなかったことがたくさんあるはずです。好きなことに熱中してみませんか。そして、これから先のことを、ここから創っていきましょう。