スポーツ学部 スポーツ学科

スポーツ情報戦略
コース

スポーツを理論的に分析し、
戦略思考を育てる。

コースの特長

科学的な分析力を有し、分析結果を有益な情報としてスポーツフィールドに還元するための能力を養い、スポーツ指導場面を確実にサポートできる人材(アナリスト)を育成します。

Point

01

「動き」を科学する

スポーツバイオメカニクスなど、スポーツにおける「動き」を科学的に分析する手法を学び、
スポーツをみる「目」を養います。

Point

02

「こころ」を理解する

スポーツ心理学や戦術、行動様式など、フィールドで得られる有益な情報を分析し、
競技生活の充実・向上に役立てる知見を修得します。

Point

03

「データ」を使いこなす

スポーツのフィールドからデータを収集し、分析・加工する方法を学び、
さらにそれを現場にフィードバックする能力を身につけます。

Student & Teacher Interview

仲島 郁臣 4年次生 神戸市立科学技術高等学校出身

陸上競技を続けていましたが、常に怪我に悩まされ続けていたことから、理論的に体の動きを研究し、負担を軽減しながら競技力を伸ばしたいと考え、スポーツ情報戦略コースを選択しました。コースで学んだ知識や分析方法を駆使してトレーニングを実践した結果、三段跳の記録を1メートル60センチも向上でき、理論に裏づけられた分析がもたらす効果を実感しました。動作を数値化(一般化)して分析するため、あらゆる場面で物事を論理的に考え、実践する力が備わるのもコースの強みです。

藤林 献明 講師

運動を科学的に分析することで、パフォーマンスの向上や怪我の予防、メンタル面の改善が期待できます。スポーツを科学的に分析するデータの取得方法を学び、選手や指導者へ有益な情報を提供するための能力を身につけるのが本コースの特長です。専門知識を応用しながらトレーニングを行い、競技力や指導力を向上させたい人には最適だと思います。机上で学んだ理論と実際の現場をつなげるための知識を修得し、現場でスポーツをサポートできる人材を育成します。

授業 Pick Up

スポーツ情報戦略基礎演習

スポーツ情報戦略を実践する

1.スポーツフィールドに散在するデータをどのように加工するのか、2.データをどのような方法論で分析するのか、3.分析した結果をいかに正しく現場にフィードバックするのか。これら3つの課題について実践を通して学びます。

スポーツ情報戦略専門実習Ⅰ・Ⅱ

スポーツ現象を観察し、正しく解釈する

スポーツをみる「目」を養い、学生がスポーツフィールドに対して提言ができるよう指導。調査のためのインタビュー法を習得し、最先端の科学的な分析結果を再びスポーツの現場にフィードバックする一連の流れを実習します。

スポーツ情報戦略コース コース専門科目

コース専門科目

4年間のカリキュラムはこちら

卒業後の進路

  • ●社会体育・公共施設
  • ●進学(大学院・資格取得など)
  • ●スポーツ用品関係
  • ●一般企業
  • ●公務員(警察・消防・行政など)
  • ●教員(中学校・高等学校)