スポーツ学部 スポーツ学科

地域スポーツ
コース

すべての人に伝えたい、
スポーツする喜び。

コースの特長

地域のスポーツにかかわり、その運営・管理ができる立場の人材をはじめ、子どもから高齢者、障がい者など、あらゆる人々を対象にした健康増進・余暇活動の充実に貢献できる人材を育成します。

Point

01

生涯スポーツの理論と実践

子どもから高齢者まで、すべての世代の健康とスポーツに関する幅広い理論を学び、
新しい地域スポーツへの理解を深めます。

Point

02

指導経験豊富な教員

地域スポーツの指導者として豊富な実践経験をもつ教員の指導のもと、
実際に様々な現場に出て、地域の中で活動を展開します。

Point

03

現場に学び、現場に還元する

地域の学校や施設の協力のもとで現場経験を積み、その蓄積をもとに研究を深めて、
問題発見・解決の能力を涵養します。

Student & Teacher Interview

岡崎 渚 4年次生 神戸市立須磨翔風高等学校出身

母が障がい者スポーツを行っていたので、その勉強ができる本コースには入学時から興味を持っていました。3年次のインターンシップ実習では、地元の障がい者スポーツセンターに入らせていただき、知的障がい児の水泳教室などに関わりました。そこでは「競い合うスポーツ」ではない、身体を動かす「楽しむスポーツ」の魅力に気づきました。現場を通して多くの人と触れ合った経験を、今後に活かしたいです。

中道 莉央 准教授

本コースで学ぶのは、地域に暮らすあらゆる人々が自分らしくいきいきとした生活を営むために必要な「豊かなスポーツ」のあり方。子ども、女性、高齢者や障がい者を対象としながら、地域でのスポーツ指導や組織運営などの現場体験を通じて、実践力を養います。専門的に学ぶ意欲があれば、80時間の指導経験を積むことで、地域における障がい者スポーツ振興のリーダーである「中級障がい者スポーツ指導員」の資格取得も目指せます。

授業 Pick Up

地域社会とスポーツ

現代のスポーツに求められている役割を知る

現代社会において、人々の交流を促し健康を維持増進するスポーツの役割はますます大きくなっています。一人ひとりがスポーツを継続できる環境づくりについて、総合型地域スポーツクラブや様々な地域スポーツ、生涯スポーツの観点から考察していきます。

障害者スポーツ指導法

模擬授業を通じ、障がい者スポーツの指導法を修得する

各種実技を通して、工夫された障がい者スポーツの構成やルールを理解します。また、障がいに応じての考え方、安全管理などもあわせて学び、障がい者スポーツを楽しむためのサポート方法や指導方法を実践的に修得します。

卒業後の進路

  • ●公務員(警察・消防・行政など)
  • ●社会体育・公共施設
  • ●幼児教育関係
  • ●スポーツ用品関係
  • ●教員(中学校・高等学校)
  • ●医療・福祉関係
  • ●進学(大学院・資格取得など)