BIWAKO SEIKEI TOPICS

男子バレーボール 2003年創部以来初優勝・1部昇格!!

2018.10.22

ニュースリリース

男子バレーボール部

本学男子バレーボール部が、2018年度関西学生秋季2部リーグ戦で優勝し、創部以来初の1部昇格を果たしました。

  • 2部リーグ戦では、数々の接戦を制し、見事初優勝し、「1部昇格」を成し遂げました。
  •  
  • ここ数年、上位との入れ替え戦には行くものの「あと1つ」の壁を乗り越えることができず、2部に残留してきた男子バレーボール部。
  • 「今年こそは!」と目指した春季リーグ戦ではまさかの5位。
  • この敗戦から学生たちの闘志に火がつき、辛い練習の中、チームスタイルであるスピードを重視した「高速バレー」に磨きを掛けてきました。
  • その結果、今リーグでは序盤に1敗したものの、その後の試合を全て勝利し、2003年創部以来初の2部優勝・1部昇格を勝ち取りました。
  •  
  • 優勝の他にも最優秀選手賞&ベストセッター賞に幸 聖也選手(4年次生)や最優秀監督賞に岩切 大知監督(4年次生)など個人賞も受賞しました。
  •  
  • 【最優秀選手賞&ベストセッター賞】
  • 幸 聖也/4年次生・#1 (中央)
  • 今回、関西大学2部リーグを優勝して創部初の1部昇格を決めることができました。
  • この1年間最高学年として苦しいことがたくさんありましたが、最後にずっと目標であった1部昇格ができ、とても嬉しく思います。先輩たちや色んな人に応援していただき本当に感謝したいです。
  • このリーグは、後輩たちがすごく頑張ってくれたので次の1部リーグでも良い結果が残せるように期待しています。
  •  
  • 【最優秀監督賞】
  • 岩切 大知/4年次生・監督(左上)
  • これまであと一歩の所で1部に昇格することができませんでしたが、この結果はチーム一丸となり選手が最後まで我慢強く戦ってくれたからだと感じています。キャプテンと監督という立場で頼りない所が多くあり、ただただチーム全員に感謝の気持ちでいっぱいです。
  • 昇格は大きな目標ではありましたが、後輩たちには、ここで満足するのではなく通過点だと考え、更にチームが成長していくように全力で頑張ってほしいです。
  • 応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
  •  
  • 【サーブレシーブ賞】
  • 足立 龍/4年次生・#34(左下)
  • 優勝出来たことも個人賞を取れたことも応援していただいた方々、支えてくれた同級生や後輩のおかげです。「ありがとう」の感謝の気持ちでいっぱいです。
  •  
  • 【ベストスコアラー賞&レシーブ賞】
  • 佐藤 奨馬/3年次生・#3(右)
  • 今回の個人賞は保護者の方々、応援してくれた人、4年次生のおかげで受賞することができました。1部昇格という結果で4年次生には、少しは恩返しができたかなと思います。この結果に満足することなく、1部でも本学らしく躍動したいと思います。