BIWAKO SEIKEI TOPICS

  • BIWAKO SEIKEI TOPICS
  • 祝 竣工 サッカーフィールド 佐々木則夫特別招聘教授と共に記念イベントを開催

祝 竣工 サッカーフィールド 佐々木則夫特別招聘教授と共に記念イベントを開催

2016.09.02

ニュースリリース

大学から

  • かねてより人工芝の張替工事を進めてきましたサッカーフィールドが完成し、8月27日(土)竣工式及び記念イベントを開催しました。

大学からは、佐々木則夫特別招聘教授(前サッカー女子日本代表監督)、望月聡サッカー部総監督(元サッカー女子日本代表コーチ)をはじめ関係者が出席。また、施工会社である長谷川体育施設株式会社、滋賀県立国際情報高等学校女子サッカー部、京都精華学園高等学校女子サッカー部の皆さまにご列席いただき、式を執り行いました。

  • テープカットの後に代表者によるキックオフを行いました。
  • 望月総監督のホイッスルに合わせて嘉田学長が蹴りだしたボールは、佐々木特別招聘教授から嘉茂さん(サッカー部(男子))へ渡り、最後にパスを受け取った菊本さん(サッカー部(女子))が見事ゴールを決めました。
  • 記念イベントでは、佐々木特別招聘教授、望月総監督によるサッカークリニックを開催。サッカー女子日本代表チームをドイツW杯優勝・ロンドン五輪銀メダルに導いた2人の指導者を前に、初めは緊張していた本学のサッカー部(女子)や高校生も次第に打ち解け、新しくなった人工芝を気持ち良さそうに駆け回っていました。
  • ■リニューアルされた人工芝の特長
  • ①採用されたロングパイル人工芝は 積水樹脂株式会社(ドイツ・ポリタン社)製。ドイツをはじめ、世界のFIFA公認プロスポーツグラウンドにも多く採用。
  • ②人工芝は世界最高峰の450μ極厚パイルで非常に高い耐久性と抜群の起毛性を有し、選手のプレーを足元からサポート。
  • ③芝自体に温度抑制機能を備えており、カラーチップとの組合せにより、夏場における温度上昇を大幅に抑制し、選手の体力消耗を軽減。
  • ④人工芝のカラーは2015年FIFA女子ワールドカップカナダ大会メイン会場と同色で、導入は日本初。
  • ■サッカーフィールド概要
  • ・敷地面積 8,409㎡ タッチライン105m × ゴールライン64m
  • ・施工:長谷川体育施設株式会社