BIWAKO SEIKEI TOPICS

  • BIWAKO SEIKEI TOPICS
  • 《開催レポート》「びわスポキッズフェスティバルin高島」を開催

《開催レポート》「びわスポキッズフェスティバルin高島」を開催

2017.10.02

お知らせ

地域連携・高大連携

  • 9月30日、安曇川スポーツセンター(高島市)で「びわスポキッズフェスティバルin高島」を開催し、年中(4歳児)~小学3年生までの子どもたち67名と学生キッズリーダー30名が、本学が考案した運動遊び「キッズプログラム」を楽しみました。
  • 今回のフェスティバルは2024年滋賀国体高島市ソフトボール会場決定を記念して開催し、小学生以上のキッズにはソフトボール・野球を取り入れた運動遊びを実施しました。
  • 開会式では、元プロ野球選手でダイエーホークスなどでピッチャーとして活躍した本学硬式野球部の山田秋親コーチがピッチングのデモンストレーションを行い、球の速さと制球の精度に、参加した子どもたちからは驚きの声が上がっていました。
  • ソフトボール・野球の要素を取り入れた運動遊びでは、本学硬式野球部の学生が中心となって、打つ、投げる、捕るの3要素を取り入れたメニューを指導。打つ事が苦手な子どもたちにはキッズリーダーがひも付きボールを使用するなど、楽しさを感じてもらえるよう工夫しました。
  • 普段、ソフトボール・野球を体験したことの無い子どもたちも、その楽しさを感じている様子でした。
  •  
  •  
  • 参加した子どもの保護者からは、「それぞれの子どもに合った対応をして下さって、よかった。」「子どもは十分楽しめた様子で、親としても安心して見ることができました。」「3年間参加させていただきました。学生さんの運動している姿がカッコよかったです。」などのご意見をいただきました。 
  • また、今後のびわスポキッズプログラムの発展のため、一部の子どもたちの運動活動量と心拍数を計測させていただきました。計測で得たデータは今後の教育・研究活動に活用させていただきます。
  • ご参加、ご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。