BIWAKO SEIKEI TOPICS

陸上競技部が1部昇格

2017.05.16

クラブニュース

陸上競技部

  • 本学陸上競技部(男子)が5月10日~13日に行われた「第94回関西陸上競技対校選手権大会」(通称:関西インカレ)に出場し、総合得点2位(135点)の成績で1部昇格を果たしました。
  •  
  • 関西インカレは上位の1部(12大学)と2部(42大学)で構成され、各種目の順位を点数化して総合得点を争う大学対校戦。各大学の総合力が試される大会で、4日間、学生トップアスリートによるハイレベルな戦いが繰り広げられました。
  •  
  • 本学は、初日の10日に行われたハンマー投で矢野和宏の3位を始め3名が入賞すると、翌日の11日には岡林隼矢が三段跳で15m39の記録を出し優勝。また100mでは吉田拓也が10秒76で3位に入りました。
  • 大会3日目の12日には、入賞者が続出。走幅跳で小野武蔵が7m46、円盤投で細谷海人が45m26で優勝し、更に十種競技では黒田貴稔が7032点を叩き出し優勝。4×100mも3位に入賞し、表彰台に上がる4人とともに部員達は歓喜に沸きました。
  • そして迎えた最終日。この日は10000m競歩での活躍が目立ちました。キャプテンの菅波裕也は優勝を逃したものの40分49秒3の大会新記録で2位。3位にも塩屋陸が続きました。他の競技では100mに続いて200mで吉田拓也が3位に入り、走高跳とやり投げでも複数名が入賞。最終種目4×400mも4着と大健闘し、総合得点を135まで伸ばし、見事1部昇格を果たしました。
  •  
  • 入賞した種目とその成績     ( )…学年