教員紹介

准教授

山本 達三

Tatsuzo Yamamoto

主な担当科目

スポーツビジネス演習
スポーツビジネス専門実習Ⅰ・Ⅱ
スポーツマネジメント特別講義

最終学歴・学位 中京大学大学院体育学研究科博士課程満期退学、修士(体育学)
専門分野

スポーツマネジメント、スポーツマーケティング、スポーツ消費者行動、スポーツ経済学、スポーツ社会学

研究テーマ 1.スポーツ頻度・派生費用における加齢・時勢・世代差要因の影響
2.スポーツ顕在市場・潜在市場の縦断的動向
3.コウホート分析を用いたスポーツ需要の推定と予測
4.日本人の体力・運動能力の年齢・時代・世代の影響
5.日本人の肥満・やせの加齢・時勢・世代差要因の影響分析
6.継続調査データからみる家計所得とスポーツ種目選択
7.継続調査からみる可処分所得とスポーツ派生費用の関連性
8.スポーツ競技集団のメンタルマネジメントとチームマネジメント
9.スポーツ消費者の関与と知覚リスク
10.スポーツ観戦率のコウホート分析
11.スポーツ消費者のサービス評価・関与・満足度の関連性
職歴・経歴 【競技歴】
[ボート競技]
1988年 全日本新人漕艇選手権大会 エイト準優勝
1989年 日大・立教・明治,3大学対抗戦 付きフォア優勝
1989年 全日本新人漕艇選手権大会 エイト4位
1991年 Henry Royal Regatta Japan エイト5位
1991年 全日本大学選手権大会 エイトベスト16
1991年 アジア選手権選考会 無しペアベスト8

【スポーツ指導歴】
1994年〜1996年 筑波大学体育会漕艇部コーチ
2001年〜2006年 南山大学ボート部コーチ
2005年〜2015年 愛知学泉大学サッカー部部長
2007年〜2015年 愛知学泉大学硬式テニス部部長
2010年〜      全日本スキー連盟公認正指導員 B級検定員
主な業績(著書・論文等)
【著書】
・よくわかるスポーツマーケティング, 第III部, 11節-4, スポーツ参加における社会的・環境的要因, ミネルヴァ書房:京都. pp92-93,2017.
・生涯スポーツ実践論 (第3版), 第4章, 第3節, 生涯スポーツイベントとスポンサーシップ, 市村出版:東京,pp.48-52, 2012.
・レジャー白書, 第2部 余暇活動参加人口の将来予測, 財団法人社会経済生産性本部:東京, pp.105-112, 2006.

【研究論文・発表論文】
・ゴルフ実施頻度の年齢・時代・世代効果の分離, びわこ成蹊スポーツ大学研究紀要アカデミックアワー報告,13, pp.101-103, 2016.
・スポーツライフに関する調査平成4年〜26年(笹川スポーツ財団):成人の運動・スポーツ実施レベルへの年齢・時代・世代の影響. 体育の科学,Vol.65, No.8, pp.577-585, 2015.
・体力・運動能力の変化に対する年齢・時代・コウホート効果の分離−反復横とびに着目して−,子どもと発育発達, Vol.5. No.4,pp.232-233, 2008.
・日本人の体力・運動能力の変化に対するコウホート分析,日本体育学会第59回大会体育社会学専門分科会発表論文集, pp.36-41, 2008.
・加齢・時勢・世代の要因からみたスポーツ参加の変動パターン, スポーツ産業学研究, 第16巻第1号,pp.25-42, 2006.
・スポーツ・レクリエーション参加のコウホート分析, 文部科学省統計数理研究所, 共同研究リポート160,pp.1-84, 2003.
・スポーツ参加人口の推定と予測−年齢・時代・コウホート効果・人口変動を考慮して−, スポーツ産業学研究,第12巻第2号, pp.33-46, 2002.

【学会発表】
・プロ野球観戦頻度割合変化の年齢・時代・世代効果, 日本スポーツ産業学会第26回大会号, 48-49, 2017.
・プロ野球・J リーグ観戦率変化の年齢・時代・世代効果, 日本スポーツ産業学会第 25 会大会号, pp84-85, 2016.
・スポーツチームのメンタルマネジメントとチームマネジメント--競技レベル・チーム状態からみた大学運動部員のメンタルヘルスと心理的競技能力の事例報告--,第38回日本体育・スポーツ経営学会大会号, pp.31-32, 2015.
・スポーツ頻度・派生費用の年齢・時代・世代効果の分離, 日本スポーツ産業学会第23回大会号, pp.15-16, 2014.
・日本人の肥満・やせ割合のコウホート分析---BMI25以上と18.5未満割合にみる加齢・時勢・世代差要因の影響---,日本体育学会第61回大会予稿集, p183, 2010.
・日本人の体力低下のコウホート分析, 日本疫学会, Supplement to Journal of Epidemiology, p257, 2010.
・日本人の体力・運動能力の変化に対するコウホート分析, 体育社会学専門分科会発表論文集, pp.36-41, 2008.
・日本人の体力・運動能力の変化に対する年齢・時代・コウホート効果の分離, 日本体育学会第58回大会号, p.250, 2007.
・日本人のBMIの推移に対する年齢・時代・コウホート効果の分離, 日本体育学会第58回大会号, p.250, 2007.
・2つのスポーツ継続調査に対するコウホート分析結果の比較, スポーツ産業学会第15回大会号, pp.75-76, 2006.
・スポーツ市場の変化の構造を探る, 日本体育学会第56回大会予稿集, p.286, 2005.
・スポーツ参加の変化に基づくスポーツ種目の特徴付け, 日本体育学会第53回大会号, p.395, 2002.
・コウホート分析によるスポーツ参加人口の将来推計, スポーツ産業学研究第10回学会大会号, pp.33-36, 2001.
・スポーツ参加率の年齢・時代・コウホート効果の分離, 日本体育・スポーツ経営学会第24回大会号, pp.48-49 , 2001.
・レクリエーション参加のCohort 分析, 日本体育学会第50回記念大会/体育・スポーツ関連学会連合大会プログラム, p.164, 1999.
・スポーツ施設需要推定モデルとシミュレーション, 日本体育学会48回大会号, p373, 1997.
・スポーツ施設需要予測に関する研究, 日本体育・スポーツ経営学会第20回大会号, pp.2-3, 1997.

【受賞関連】
日本スポーツ産業学会2007年度 学会奨励賞論文. 受賞研究「加齢・時勢・世代の要因からみたスポーツ参加の変動パターン,スポーツ産業学研究, 第16巻第1号, pp.25-42.
活動紹介 2009年 豊山町生涯学習推進審議会 委員(2012年3月まで)
2010年 犬山市民総合大学 スポーツ指導員養成講座講師
2010年 豊山町社会教育審議会 委員・副会長(2012年3月まで)
2011年 アーチェリー協会 指導員養成講習会講師
2011年 愛知県広域スポーツセンター スポーツリーダー養成講習会 講師
2012年 豊山町社会教育審議会 委員・副会長再任(2014年3月まで)
2012年 豊山町生涯学習推進審議会 委員再任(2014年3月まで)
2012年 愛知県広域スポーツセンター スポーツリーダー養成講習会 講師
2013年 愛知県広域スポーツセンター スポーツリーダー養成講習会 講師
2014年 豊山町社会教育審議会 委員・副会長再任(2016年3月まで)
2014年 豊山町生涯学習推進審議会 委員再任(2016年3月まで)
2014年 愛知県広域スポーツセンター スポーツリーダー養成講習会 講師
2014年 愛知県スキー連盟 スポーツリーダー養成講習会 講師
所属学会 日本体育・スポーツ経営学会
日本スポーツマネジメント学会
北米スポーツマネジメント学会
日本スポーツ産業学会
日本体育学会
日本公衆衛生学会
日本発育発達学会
National Recreation and Park Association

学生へのメッセージ

大学時代はボート競技でエイト(8人乗りボート)を漕いでいました.大学卒業以降は,アルペンスキー(SAJ公認正指導員),テレマークスキー,バックカントリースキー,山登り,自転車(ロード・マウンテンバイク),ウィンドサーフィン,バスフィッシング,硬式テニス,ゴルフなどを楽しんできました.びわこ成蹊スポーツ大学は山や湖などの自然豊かなフィールドに囲まれています.地の利を生かしたアウトドアスポーツを一緒に楽しみましょう.3年次生4年次生のゼミナールでは,「スポーツをする・みる・聞く・読む・着るなどスポーツ消費に関わるスポーツ消費者の消費者心理・消費行動・購買行動・購買後行動に関する研究」,「スポーツ消費をマクロ的に考察する経済的・社会的研究」,「スポーツ財やスポーツサービスの供給主体であるスポーツメーカーやスポーツ業界などを考察するスポーツ産業面からの研究」,「スポーツ競技集団のチームマネジメント」など,さまざまな視点からスポーツマネジメント・スポーツビジネスを学んでいます.いっしょにびわこ成蹊スポーツ大学で学びましょう.