教員紹介

准教授

吉川 文人

Fumito Yoshikawa

主な担当科目

コーチング演習
バスケットボール コーチング理論と実践

最終学歴・学位 筑波大学大学院工学研究科博士課程知能機能工学専攻修了、博士(工学)
専門分野

バスケットボール指導論、スポーツ科学、パターン認識、画像処理

研究テーマ  映像分析によるスポーツ動作の客観評価と映像利用の効率化に焦点をあて、動\きの特徴化、移動体の検出・追尾、特定動作の検出、動作の分節、動作の非効率性や運動量の評価、動きの可視化、類似画像の検出等を自動化する手法の開発を手がけてきている。そこでは、実環境で取得した映像に対して有効性の検証を行うなど、スポーツ科学に関する研究や競技者支援に必要な映像分析技術の新しい可能性を追究している。
職歴・経歴 【競技暦およびスポーツ指導暦】
・野球(リトル・シニアリーグ)、バスケットボール
主な業績(著書・論文等)
【研究論文・発表論文】
【査読付き国際会議】
・Fumito Yoshikawa, Yasunori Watanabe, “Application of a Video-based Marker-less Motion Analysis Method to Weightlifting”, Proceedings of 1st international Symposium on Sport Science, Engineering and Technology, pp. 27-32, Istanbul, Turkey (May 2015).
・Fumito Yoshikawa, Yasunori Watanabe, “EFFICIENT COLLECTION OF SIMILAR SPORT SCENES OF INTEREST FOR EFFECTIVE COACHING”, Proceedings of 9th International Technology, Education, and Development Conference, pp. 6103-6107, Madrid, Spain (March 2015).
・Fumito Yoshikawa, Yasunori Watanabe, “AUTOMATIC EXTRACTION OF VISUAL MOTION CHARACTERISTICS FOR EFFECTIVE COACHING”, Proceedings of 9th International Technology, Education and Development Conference, pp. 6162-6165, Madrid, Spain (March 2015).
・Fumito Yoshikawa, Takumi Kobayashi, Kenji Watanabe, Nobuyuki Otsu, “Directionally-grouped
CHLAC Motion Feature Extraction and Its Application to Sport Motion Analysis”, Proceedings of 10th
WSEAS International Conference on Signal Processing, Robotics and Automation, pp. 170-174,
Cambridge, UK, (February 2011)
・Fumito Yoshikawa, Takumi Kobayashi, Kenji Watanabe, Nobuyuki Otsu, “Start and End Point
Detection of Weightlifting Motion Using CHLAC and MRA”, 1st International Workshop on
Bio-inspired Human-Machine Interfaces and Healthcare Applications - B-Interface 2010, pp.44-50,Valencia, Spain, (January 2010)
・Fumito Yoshikawa, Bisser Raytchev, Takumi Kobayashi, Nobuyuki Otsu, “Automated Video Indexing System for Badminton Game Analysis”, 13th World Congress of the International Association for Sports Information, (March 2009)
https://secure.ausport.gov.au/conferences/iasi/world_congress_programme/congress_day_2に掲載
・Fumito Yoshikawa, Katsuyoshi Shirai, “Multiple Views Feedback System for Motion Analysis in Sport”, Proceedings of International Technology, Education and Development Conference, 7 page, Valencia, Spain, (March 2007) 共著 2007

【解説記事】
・吉川文人,“動作映像自動分析技術のスポーツ競技支援への応用”,バイオメカニクス研究15巻1 号,pp. 4 _ 11,(2011 年)
・吉川文人,“多視点映像システムの開発とスポーツへの応用”,体育の科学58 巻3 号,pp.190-195,(2008 年3 月)

【国際会議での招待講演】
・Fumito Yoshikawa, et. al. ,“CHLAC based Index for Evaluating Inefficiency of Sport Motions”,Proceedings of 3rd Annual International Conference
Physical Education Sport and Health, pp. 25 - 28,Pitesti, Romania, (November 2010)
活動紹介 The 3rd Annual International Conference on Physical Education Sport and Health や脳機能計測と在宅運動計測ワークショップ にて、統計的動作特徴を用いた映像に基づく自動動作分析手法の開発とそのスポーツ応用について講演を行っている。
所属学会 運動画像計測研究会

学生へのメッセージ

特にバスケットボールが専門となりますが、スポーツ科学と競技力を進化させるための手法の追究に注力しています。