BIWAKO SEIKEI TOPICS

《開催レポート》びわスポキッズフェスティバルin大津

2019.11.11

お知らせ

大学から

  • 10月26日(土)びわスポ祭の2日目に、本学で「びわスポキッズフェスティバルin大津」を開催しました。
  • 前日の雨により、グラウンドコンディションが危ぶまれましたが、当日は雨もあがり無事に開催することができました。
  • 今回は、特別ゲストとして、競泳女子バタフライ200mでロンドン五輪、リオ五輪の2大会銅メダリストの星奈津美選手にも参加していただきました。
  • 星選手は、子どもの頃、縄跳びなどで遊んだことや、幼少期に遊びを通じて多様な運動体験をしたことで、競技能力に良い影響を及ぼしたことなどを話されていました。
  •  
  • 子どもたちからも星選手と触れ合う中で、「バタフライはどうしたらうまくなるの?」「どうしたら早く泳げるの」などの質問があがっており、腕の使い方などを熱心に教えておられた光景がとても印象的でした。

参加した保護者からは、「一人であそぶことが好きな子ですが、積極的にコーチや友達と話したりしていたのでビックリしました。」「最初に出来なかったことも、何度も繰り返すことによって出来るようになるんだなと感心しました」などの意見をたくさんいただきました。

  •  
  • また、今回は子どもの運動に関する研究(心拍数、運動量の計測)を、本学の秋武准教授が年中~年長を対象に実施しました。
  • この結果を滋賀県の子どもたちの健康分野に還元できるように、今後のびわスポキッズプログラムの内容に活かしていきます。
  •