スポーツ学部 スポーツ学科

コーチング
コース

現在の「スポーツ情報戦略コース」の学びは
本コースで展開

人に向き合い、人の力を引き出す
スキルと人間力。

コースの特長

各種スポーツ競技やコーチングおよび情報によるスポーツ支援についての専門的、また実践的な学びを通して、根拠と実践知を活用した思考による課題解決ができる資質能力、知識、技能を身につけ、様々なスポーツ現場でのニーズに応え得る人材、ひいてはスポーツ場面のみならず社会の発展に貢献できる人材を育成します。

Point

01

世界での経験を学生へ

世界を舞台に活躍した教員が、その経験知を学生に伝えることで、
現役世代のアスリートや指導者の学修の指標や到達目標を示します。

Point

02

社会での実践力を磨く

プロスポーツチームや学校スポーツなどの現場で、活きるコーチングの「理論」と「実践」を学び、
メンバーシップ・リーダーシップとフォロワーシップの獲得へと進みます。

Point

03

理論と競技の両立

自分自身のアスリートとしての能力やコーチングスキルを磨きながら、
その経験を科学として昇華させ、自らの意志で豊かな人間力を育みます。

コーチングコースのQ&A

北村 哲 准教授

Q1.このコースの学びの魅力を教えてください

「競技者がより良いスポーツキャリアを送れるように支援する「コーチング」には、相手と話す、聞く、そして心を感じ取る力が必要不可欠。当コースで学べるこれらの力は、競技コーチのみならずどんな業界にも共通して役立つでしょう。」

Q2.どのような進路に進む人が多いですか?

「スポーツ関係の企業に入社したり、スポーツクラブなどで指導している場合もあれば、学校教員として部活動指導に力を入れる卒業生もいます。」

Q3.求める学生像は?

「やっぱり「人」が好きな学生ですね。スポーツの魅力は多岐にわたりますが、相手にそれを伝えたい気持ちが大きい学生は、ぜひコーチングコースを選んでください。」

Pick Up Class

01 パフォーマンス分析論

運動のパフォーマンスを分解して、
根本となる課題を明確に理解する

スポーツのパフォーマンスは複雑な要因が絡まりあうことで決定されています。その一つひとつを分解しながら詳細に読み取り、これまで見えていなかった本質的な課題を見つけ出して、解決へと導く方法と理論、実践力を修得します。

02 スポーツメンタルサポート論

アスリートを内面から観察し実力を引き出す

スポーツメンタルサポートの基礎理論を理解するとともに、実践力を磨きます。具体的な事例の検討からアスリートの実力発揮のための心理面に関する理解を深めます。

03 コーチング社会論

スポーツ社会の動向に即した
グッドコーチングについて考える

コーチには、社会の動向に即したコーチングが求められます。講義では「一貫指導」「保護者との関わり」「競技スポーツの功罪」「アスリートのデュアルキャリア支援」など、コーチに必要な社会学的知見を深めます。

04 ハイパフォーマンスコーチング実践論

スポーツコーチングを実践する
代表・トップコーチの実際について学修する

トップアスリートの強化や管理、また、代表チームの統率について学び、強い個と組織づくりを考えます。また、男女の特性や考え方の違いを議論し、両者のコーチングのあり方について理解します。

05 各種目のコーチング理論と実践

担当教員の各種目とコーチング現場における実践を経験する

コーチング理論を基礎に、コーチングコース所属教員の専門種目において、それぞれの競技の生い立ち、特性を理解し、実際のフィールドにおけるコーチング実践や実技を学んでいきます。講義は8種目の授業があり、それぞれの種目の広く深いコーチング理論と実践力を身につけていきます。各種目の指導理論にとどまらず、トレーニング論・マネジメント・戦術・戦略などの内容も紹介。多様な理論と各教員の経験を融合させた授業が展開されます。

  • ●陸上競技コーチング理論と実践
  • ●水泳コーチング理論と実践
  • ●柔道コーチング理論と実践
  • ●サッカーコーチング理論と実践
  • ●バレーボールコーチング理論と実践
  • ●バスケットボールコーチング理論と実践
  • ●ベースボールコーチング 理論と実践
  • ●テニスコーチング理論と実践

コーチングコース コース専門科目

コース専門科目

4年間のカリキュラムはこちら