スポーツ学部
スポーツ学科
教育研究上の3つのポリシー

  • 学部・大学院
  • スポーツ学部・スポーツ学科
  • 教育研究上の3つのポリシー

本学では、建学の精神及び教育目的に則り、ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)、の3つのポリシーを以下のように定めています。

教育目的

びわこ成蹊スポーツ大学は、建学の精神である「桃李不言下自成蹊」の理念に基づき、新しいスポーツ文化の創造のための教育研究に努め、日々のスポーツや健康に関するニーズに応えられるよう、スポーツを開発し、支援することのできる豊かな教養と高度な専門性を有する人材を育成する。

学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)

びわこ成蹊スポーツ大学スポーツ学部は、以下の能力を身に付けた学生に学位(学士(スポーツ学))を授与する。

1. スポーツに関する学術的理解、環境的理解、高度な技能

  • ●スポーツの定義・意義に関する深い知識
  • ●スポーツの学術的側面(人文社会、自然科学的側面)に関する深い知識
  • ●自然環境と人とスポーツに関連する幅広い知識と技能
  • ●高度なスポーツ技能

2. スポーツ界でリーダーシップを発揮する力

  • ●する、みる、ささえるスポーツの振興において新しい価値を創造していく能力
  • ●優れたスポーツマンシップ(スポーツパーソンシップ)
  • ●スポーツ学の専門家としての自覚、誇り、道徳心

3. スポーツ学における専門的な知識、技能、実践力

  • ●学問的知識体系としてのスポーツ学に関する深い学識
  • ●スポーツ学の専門領域に関する優れた技能
  • ●スポーツ学の専門領域に関する知識および技能を発揮する実践力

4. 忠恕の心

  • ●忠恕の心 常に誠をつくし、ひとの立場に立って考え行動することができる

教育課程の編成・実施方針
(カリキュラム・ポリシー)

びわこ成蹊スポーツ大学スポーツ学部は、スポーツに関する幅広い知識・技能、豊かな人間性、専門領域における深い学識および優れた技能を学生が修得するために、以下のカリキュラムを提供する。

1. スポーツに関する学術的理解、環境的理解、高度な技能を修得するために以下の科目を提供する。

  • ●スポーツ学を修める基礎となる知識・技能を身につけるため、「初年次科目」「情報科目」「外国語科目」「教養科目」を設置する。
  • ●スポーツ学共通の基礎的知識および研究法を身につけるため、「専門基礎 基礎科目」を設置する。
  • ●スポーツの実践的知識と技能を身につけるため、「専門基礎 野外スポーツ実習科目」「専門基礎 実技系科目」を設置する。

2. スポーツ界でリーダーシップを発揮する力を修得するために以下の科目を提供する。

  • ●スポーツ界のリーダーとして必要となる基盤的な知識・技能を身に付けるため、「専門基盤科目」を設置する。
  • ●スポーツ界のリーダーとしての品格と専門知識・技能を備えた「職業人」を養成するため、「キャリア科目」を設置する。

3. スポーツ学における専門的な知識、技能、実践力をより発展的に修得するために以下の科目を提供する。

  • ●専門領域に関する深い学識と技能を養うことを目的として、「コース展開科目」を設置する。
  • ●専門領域におけるスポーツ現場を分析し、議論する力を養うことを目的として、「コース演習科目」を設置する。
  • ●専門領域で修得した知識および技能を実践する力を養うことを目的として、「コース専門実習科目」を設置する。
  • ●スポーツ学に関する研究課題に対して計画的に取り組み、結果を報告する「卒業研究」を設置する。

各コースポリシー

学校スポーツ教育コース 学校スポーツ教育コースは、保健体育科教育や健康・安全体育的行事、運動部活動に関する専門的で実践的な学びを通して、スポーツ・健康教育に関する深い理解と高い実践力を身につけ、学校現場におけるスポーツ教育の充実に貢献できる人材を育成する。
スポーツビジネスコース スポーツビジネスコースは、スポーツをサービスとして捉え、スポーツマネジメントに関する基礎的知識(マーケティング、施設マネジメント、ジャーナリズム、まちづくり等)に関する学びを通して、量的・質的調査を用いた市場予測、企画立案、評論/批評、政策提言などができる資質能力、知識、技能を身につけ、スポーツの成長産業化に貢献できる人材を育成する。
健康・トレーニング科学コース 健康・トレーニング科学コースは、競技力の向上や健康づくりに活用するための、健康科学やスポーツ医科学といった学問や研究に関心が高く、それらの学びを通して、健康づくりや実践的な運動指導ができる資質能力、知識、技能を身につけ、社会に貢献できる人材を育成する。
コーチングコース コーチングコースは、各種スポーツ競技やコーチングおよび情報によるスポーツ支援についての専門的、また実践的な学びを通して、根拠と実践知を活用した思考による課題解決ができる資質能力、知識、技能を身につけ、様々なスポーツ現場でのニーズに応え得る人材、ひいてはスポーツ場面のみならず社会の発展に貢献できる人材を育成する。
野外・レクリエーションスポーツコース 野外・レクリエーションスポーツコースは、自然の中で感性が培われる生きた学びを通して、人と人、人と環境の望ましい関係を築くことのできる資質能力、知識、技能を身につけ、あらゆる年代・立場の人に自然を活かしたスポーツ活動を展開できる人材、ひいては自己の成長と社会の発展のために尽力することのできる人材を育成する。
生涯スポーツコース 生涯スポーツコースは、生涯を通してすべての人が、ライフステージに応じて行うスポーツ活動の専門的、また実践的な学びを通して、誰でも楽しめるスポーツを提案・実践・指導(サポート)できる能力、知識、技能を身につけ、生き生きとした「スポーツ・イン・ライフ」の実現に貢献できる人材を育成する。

アドミッション・ポリシー
(入学者受入れの方針)

びわこ成蹊スポーツ大学スポーツ学部は、スポーツに興味・関心があり、基礎的な学力、運動能力、そして豊かな人間性を備え、自己の将来に向かって成長し、スポーツを通じて社会に貢献する意志を持つ人の入学を希望します。

入学者に求めるもの

本学スポーツ学部では、入学後の教育を踏まえ、以下のような人の入学を求めています。

関心・意欲
  • (1)びわこ成蹊スポーツ大学の建学の精神とそれに基づく教育目的を理解し、「人間力」を備えた人に成長しようという意欲を持っている。
  • (2)スポーツに興味・関心を持ち、将来、スポーツ界で活躍し、スポーツ界の発展に貢献したいという意欲を持っている。
知識・技能
  • (1)高等学校で履修する教科について、内容を理解し、基本的な知識を身につけている。
  • (2)スポーツに関する基本的な知識や技能を身につけている。
思考・判断・表現
  • (1)他者の意図を適切に理解し、自分の考えをわかりやすく表現することができる。
  • (2)スポーツ界を取り巻く様々な事象について論理的に考えることができる。
主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
  • (1)「スポーツが持つ力」を理解し、多様な人々とも協働しながら、主体的に学びを深めていこうという態度を身につけている。

入学者選抜の方法と評価

本学では、面接、プレゼンテーション、推薦書・調査書、スポーツ活動状況証明書、実技、小論文、学科試験、大学入試センター試験等の多様な方法を活用して、受験者の資質を測り、入学者選抜を実施しています。