VOICE 卒業生の声

教員

渥美 友那 2015年3月卒業
大阪府立箕面高等学校出身

できるようにしてあげたい。
その気持ちを持ち続け、教員に。

就職先:大阪府 中学校教諭

小学校の頃から率先して友達に逆上がりを教えたりしていました。体育が好き、教えるのが好き、そして子供とかかわるのも好きだった私は保健体育の教員になるために、びわこ成蹊に入学しました。中学校教員を選んだのは、「できない」を「できる」に変えるゼロからの指導もあれば、「できる」を「さらにできる」に伸ばす専門的な指導もあることから、教員としてのやりがいを感じたためです。教員は、子供たちの小さな成長に日々感動できるやりがいのある仕事です。「先生、できた!」って生徒から声をかけられたり、泳げない子が泳げるようになったりすると自分のことのように嬉しくなります。今後も生徒一人ひとりに向き合い、「この子のために自分ができることは何か」を常に意識して指導を続けたいと思います。

木村 茜 2021年3月卒業
京都府 京都橘高等学校出身

教員採用試験に現役合格。
合格までの道のりは団体戦!

中学校の陸上部で尊敬できる顧問の先生に出会い、中学校教員を目指すようになりました。3年次からは教職を目指す学生がチーム一丸となって試験対策を行う「教職コアチーム」に所属。専門講座への参加や課題の添削などのていねいな指導で、一般・専門教養はもちろん小論文や面接、集団討論、指導実技など多岐にわたる試験対策を計画的に進めることができました。先生方のサポートを受けながら、同じ目標に向かって仲間と情報共有し切磋琢磨した経験は、(スポーツの)団体戦のように感じました。仲間と挑戦した経験を誇りに思い、人として大切なことを教えられる先生になりたいです。

公務員

和氣 生也 2012年3月卒業
京都府立東稜高等学校出身

自分から積極的に求めれば
可能性の扉が開ける。

就職先:大津市消防局

びわこ成蹊は規模がそこまで大きくないこともあって、親切な人ばかりです。ほんの少しの気持ちでもすぐに拾ってくれ、応援してくれます。自分も将来のことで悩んでいた時、先輩に相談に乗ってもらい、キャリア支援課の方に支えてもらいました。「正義感と丈夫な身体」という自分の持てる能力を活かせる職業に巡り合えた今、びわこ成蹊に入学してよかったと心から思っています。

スポーツ系企業・一般企業

葛西 裕一 2012年3月卒業
大阪市立桜宮高等学校出身

スポーツを仕事にしたい。
学びと経験でその思いを現実に。

就職先:ミズノ株式会社営業本部関西支社 関西圏第1営業部  近地販売課

現在、私は店舗やスポーツクラブへの卸営業を担当しています。スポーツ用品はモデルチェンジが多く、商品理解と迅速な提案力が求められます。時には思い通りにいかず葛藤することもありますが、大学生活で培ったやり抜く力が自分を成長させる糧となっています。勉強、部活、アルバイトすべてに全力で取り組み、様々なことに挑戦し、成功や失敗を仲間と分かち合いました。そのような経験を経たからこそ仕事とは自分磨きの場であると実感します。ミズノ製品を身に着けている人を見ると、やりがいと同時にもっと製品を広めてやるぞと気持ちが一層引き締まります。日本を代表するスポーツメーカーで働いている自覚と責任を持ち、スポーツを通して社会に貢献することは、私の仕事の魅力だと感じています。

井上 美和 2008年3月卒業
大阪府大阪成蹊女子高等学校出身

「好き」を仕事にした私が
子どもたちの見本に。

就職先:株式会社滋賀レイクスターズ バスケットボールスクール部

びわこ成蹊で「大好きなスポーツを仕事にしたい」と思い、スポーツビジネスの道へ。現在は、プロバスケットボールチームの運営会社に勤め、なかでも子どもたちを対象としたバスケットボールスクールの運営に従事しています。スクールを立ち上げて6年目。高校生になった教え子が進路選択の際に、私の仕事に興味を持って質問してくれました。この瞬間、嬉しさと同時にスポーツを支える側の新しい魅力と仕事のやりがいを感じました。