スポーツ学部 スポーツ学科

健康・トレーニング
科学コース

2020年4月から名称変更

アスリートを支え、
人々の健康に貢献する
確かな技術と知識を。

コースの特長

競技力の向上や健康づくりに活用するための、スポーツ医学、トレーニング科学、スポーツ栄養学、スポーツバイオメカニクスといった学問を通じて実践的指導力を身につけ、社会に貢献できる人材を育成します。

Point

01

現場で活きる実践的な学び

授業で学んだことを自分自身や仲間とのトレーニング・コンディショニングへ取り入れ、
実践的に体得します。

Point

02

クラブ活動でのサポート実践

高い競技力を誇る学内のクラブ活動でトレーニングやリハビリテーションを実践。
アスリートのフィジカルとメンタルを支える技術を学びます。

Point

03

科学的なアプローチを学ぶ

生理学、栄養学、医学など、多岐にわたる自然科学的な知識を深めるだけでなく、
スポーツにおける「動き」を科学的に分析する手法も学び、
専門家として活躍するための基礎を修得します。

Teacher's Voice

田中 忍 准教授

身体の不思議を科学的に解き明かし
健康づくりや競技力向上をサポートしよう

私たちの身体は、どのようにしてつくられてきたのでしょうか。それは、年齢や身体を動かすこと、またいつ何を食べたのかということが、身体に影響を与えています。では、すべての人間がこれから同じ食事をして、同じトレーニングをすれば、同じ身体を獲得できるでしょうか。
本コースでは、そんな「身体の不思議」を科学的に解いていきます。まずは身体を理解することから学び、そのために必要な測定や評価を行います。そのうえで、これからどうなっていくのが望ましいのかという目標を見据え、改善点をどのようにすれば良いのか、ということについて学ぶことができます。ここで修得した知識や技術を自分や誰かの健康づくり、競技力向上に役立ててみませんか。

授業 Pick Up

スポーツコンディショニング論

「一番強い姿勢」で勝負する

アスリートがゲームやレースで実力を発揮するためには、日頃のトレーニングなど数多くの準備が大切です。「一番強い姿勢」で勝負するために必要な様々な要因を、どのように一番良い状態に整えるか(コンディショニング)を学びます。

実践スポーツ栄養学

スポーツの現場を通して、栄養サポート計画を学ぶ

学生自身のスポーツ現場における課題を題材とし、実践的に授業を展開。設定した目標、栄養評価に基づき「いつ」「何を」「どれだけ」食べると競技力が向上するかを考察します。実際に計画した献立を調理し、評価を行う中で、栄養サポート計画を深く学修していきます。

身体開発システム論

リカバリー処方について学ぶ

近年、競技パフォーマンス向上のためにトレーニング方法と共に注目されているリカバリーについて、スポーツ生理学、スポーツ栄養学の知識に基づいて理解を深めます。運動形態や特性ごとに最適なリカバリー方法を選択し、実践できることを目指します。

スポーツ動作分析法

人の動きを科学的に分析する手法を学ぶ

スポーツバイオメカニクスで用いられる実験方法から分析方法までを修得します。具体的には、高速度VTRカメラを用いた動作分析、筋電図、地面反力の計測などを行います。得られたデータをまとめてプレゼンテーションする方法も学びます。

スポーツ医学特別講義

身体開発の仕組みを学ぶ

運動器の外傷・障害の発生メカニズム、リハビリテーションおよび予防に関して理解を深めます。身体開発に関する情報についてレポートにまとめ、プレゼンテーションを行うことで知識の定着および他者への伝える技術を修得します。

スポーツリハビリテーション

怪我・故障克服の実例を知る

「リハビリテーションとは何か」といった基本的な部分を掘り下げて考え、そのうえで実例をあげながら、スポーツ選手をはじめ、すべての人が怪我や故障から再びスポーツを楽しめるまでの過程を学修します。また中高齢者や障がい者のリハビリテーションについても学びます。

卒業後の進路

  • ●フィットネス関係
  • ●スポーツ用品関係
  • ●医療・福祉関係
  • ●公務員(警察・消防・行政など)
  • ●教員(中学校・高等学校)
  • ●進学(大学院・資格取得など)