スポーツ学部 スポーツ学科

野外・
レクリエーション
スポーツコース

2020年4月から名称変更

大自然の中で、自分を見つめ、
仲間と向き合う。

コースの特長

自然の中での生きた学びを通して培った感性や、人・環境への理解に基づいて、あらゆる年代・立場の人に、自然の持つ特性を活かしたスポーツ教育活動を企画・運営し、指導できる資質および能力を備えた人材を育成します。

Point

01

豊かな自然環境を活かす

山と湖に囲まれた自然環境を活かした冒険教育プログラムを通して、
心身の発達と共に、自然環境への配慮ができる人材を育成します。

Point

02

遠征型の実習や指導実習

本格的な遠征型キャンプや、フレッシュマンキャンプ演習へのカウンセラーとしての参加を通して、
野外スポーツ指導者としての専門的な知識や実践力を身につけます。

Point

03

楽しみながら学び成長する

アイスブレーキングやイニシアティブゲーム、ネイチャーゲームなどを取り入れた
実習とアクティビティで自然を愛し、楽しむマインドを身につけます。

Teacher's Voice

林 綾子 教授

自然の中で学び、自然から学ぶ
体験を通して、豊かな社会をつくろう

自然はシナリオのない冒険の舞台です。そんな自然の中でおもいっきり活動することは、自分自身や他者、自然と素直に向き合う貴重な機会です。そこから感じられるものが一人ひとりの価値観の形成につながり、自分らしい人生を歩む糧になります。
本コースのカリキュラムでは、豊かな自然の中での挑戦から新たな発見を導く感動や、共に成長し合う喜びを共有することを目指しています。体験からの学びの裏づけを理解し、理論や研究を通して学びを深めます。そして、そのような体験を提供できる人になってほしいと願っています。より多くの人が自分にも他人にも、自然にも社会にも前向きに生きていけると、より豊かな世の中になるのではないでしょうか? そんな社会を一緒につくっていきましょう。

授業 Pick Up

野外・レクリエーションスポーツ専門実習Ⅰ・Ⅱ

冒険教育を通じて、生き抜く力と
指導者になるための資質を育む

キャンプ、長距離バイク、ソロビバーク(野営)など代表的な野外プログラムを体験します。実習の過程で身体的、精神的な発展を目指すと共に、自然環境への配慮ができる「野外スポーツ指導者」の資質を育みます。

野外スポーツ指導法

アウトドアスポーツの魅力を理解し
指導できる実践力を身につける

アウトドアスポーツを代表する「キャンプ」「水辺」「雪上」活動について、活用する自然環境と対象者の理解を通して指導できる実践力を身につけます。

キャンプカウンセリング

キャンプ指導者としての資質・能力を磨く

グループで行うキャンプ活動において、重要な役割を担うキャンプカウンセラー。講義ではキャンプの技術指導にとどまらず、グループワークを多く取り入れ、心理・精神面から対象者へアプローチする手法など、必要とされる資質・スキルを身につけていきます。

キャンプマネジメント

キャンプの企画・運営・評価の方法を実践的に体得

主に「教育キャンプ」と呼ばれる組織キャンプの企画、運営、評価までを学修します。組織づくりから指導者の役割、安全および健康管理でのリスクマネジメント、広報、事業計画、効果測定まで幅広く学びます。

野外スポーツプログラム

野外教育の歴史や概念を理論的に知る

自然環境や対象者によって様々に展開されている野外教育の基本概念を学び、知識を深めます。代表的なプログラムとして冒険教育、環境教育、アウトドアを利用したセラピーティックプログラムを取り上げ、その理論や実践例について学びます。

キャンプ指導法

指導者やスタッフとしてキャンプ運営に関わる

本学の特色ある教育の一つでもある新入生を対象とした「フレッシュマンキャンプ演習」において、班担当のキャンプカウンセラーとして関わり、指導や運営の実際を学びます。事前準備、下見、本番での実習、報告書の作成まで一連の実習をします。

卒業後の進路

  • ●野外スポーツ関係
  • ●アウトドア用品関係
  • ●社会体育・公共施設
  • ●幼児教育関係
  • ●公務員(警察・消防・行政など)
  • ●進学(大学院・資格取得など)