スポーツ学部 スポーツ学科

野外・
レクリエーション
スポーツコース

2020年4月から名称変更

大自然の中で、自分を見つめ、
仲間と向き合う。

コースの特長

自然の中で感性が培われる生きた学びを通して、人と人、人と環境の望ましい関係を築くことのできる資質能力、知識、技能を身につけ、あらゆる年代・立場の人に自然を活かしたスポーツ活動を展開できる人材、ひいては自己の成長と社会の発展のために尽力することのできる人材を育成します。

Point

01

豊かな自然環境を活かす

山と湖に囲まれた自然環境を活かした教育プログラムを通して、
心身の発達とともに、自然環境への配慮ができる人材を育成します。

Point

02

遠征型の実習や指導実習

本格的な遠征型キャンプ体験やアウトドアスポーツにおける指導体験を通して、
野外スポーツ指導者としての専門的な知識や実践力を身につけます。

Point

03

「楽しむこと」を学ぶ

自然の中での様々な体験を通して、仲間と「協力すること」や自ら「挑戦すること」、
そして何より全力で「楽しむこと」が自らの成長につながることを学びます。

野外・レクリエーションスポーツコースのQ&A

橋本 和俊 講師

Q1.このコースの学びの魅力を教えてください

「「理論」と「実践」の両側面から野外スポーツを捉えます。自然の中で、五感をフル活用し、「自分自身」や「他者」、「自然」について考える経験は、指導者として、また、社会人として豊かな人間性を養うことができます。」

Q2.どのような進路に進む人が多いですか?

「一般企業、特にアウトドアブランドに就職する学生も多くいます。アウトドアのスキルや野外で鍛えた身体能力を武器に、警察官や消防士を目指す学生もいます。」

Q3.求める学生像は?

「野外活動経験の有無は問いません。自然が好きで、自然の中で活動したり、野外プログラムを企画・運営・指導する経験を通して、様々な社会貢献につなげたいと考える学生に来てもらいたいです。」

Pick Up Class

01 キャンプ指導法

キャンプ指導者としての体験から実践知を高める

1年次生の「アウトドアキャンプ」においてプログラムの補助・指導を行います。その中で、自身の指導や関与の方法などを実際の指導実践から学ぶことで、キャンプの指導者としての実践知を高めます。

02 アウトドアスポーツ専門実習(冬季)

冬の自然環境の魅力の理解と
指導者としての資質・能力を育む

雪中泊、スノーシュー、スキー活動などの冬の自然体験を通して、自己、自己と他者、自己と自然との関係性を見つめるとともに、環境に配慮できる「野外スポーツ指導者」としての資質能力を身につけます。

03 アウトドアスポーツ専門実習(夏季)

冒険教育を通じて、生き抜く力と
指導者になるための資質を育む

登山(ソロ活動を含む)、シーカヤック、長距離ハイクなど、冒険的野外プログラムを通して、身体と精神の両面の成長を目指すとともに、環境に配慮できる「野外スポーツ指導者」としての資質・能力を身につけます。

04 キャンプカウンセリング

キャンプカウンセラーとして必要な
資質・能力を身につける

キャンプ活動をはじめ、自然の中で重要な役割を担うキャンプカウンセラー。講義ではキャンプの技術指導だけでなく、心理・精神的側面から対象者へアプローチする手法などを身につけます。

05 冒険教育プログラム

冒険教育についてその概念や
対象者に応じた展開について学ぶる

教育的な野外スポーツプログラムの中でも、主流な展開方法である冒険教育についてその意義や、青少年・指導者への展開、セラピューティック的展開について事例や実践を通して学びます。

06 環境教育プログラム

環境教育についての概念やその特徴・
効果について体験を通して知る

環境教育プログラムについて、歴史や基本的な考え方・具体的なプログラムについて紹介した上で、具体的なプログラムを体験したりデザインしてみることで現場での運営や展開方法を身につけます。

野外・レクリエーションスポーツコース コース専門科目

コース専門科目

4年間のカリキュラムはこちら