BIWAKO SEIKEI TOPICS

「教職コアチーム」第5期生始動!

2022.05.17

お知らせ

就職・キャリア

  • 2018年10月に「教職コアチーム」第1期生が発足し、この度第5期生の結成・開講式を2022年5月17日(火)に執り行いました。
  • 「教職コアチーム」とは、学内選考を経て選ばれた教職を目指す3年次生で結成された組織です。
  • チームでは、4年次生の夏に実施される教員採用試験に合格するため、専門性の高い教職講座への受講の促進や、自主学習のフォローなどを一丸となって行い、目標達成をするために皆で取り組みます。
  • 昨年度、教員採用試験に現役合格した5名の学生も、この「教職コアチーム」のメンバーでした。
  • 今年は35名の学生が「第5期生」として選抜され、開講式に参加しました。
  •  
  • 大河学長は、「コアチームの皆さんには、2つお伝えしたいことがあります。1点目は、初心を忘れず日々努力し、最後までやり遂げてほしいということです。最後までやり遂げることは、必ず自信となります。2点目は誠実さをもった教員を目指してほしいことです。子どもたちが自分で考える力を養う教育のできる教員を目指してください。大学は頑張る皆さんを全力でサポートします。今日の気持ちを忘れず、採用試験に向かって頑張ってください。」と学生たちにエールを送りました。
  •  
  • 井口キャリアセンター長は、「勇気をだしてこの教職コアチームに入ったことに敬意を表します。しかし、チームに入ったことで安心するのではなく、これからどのように取り組むかが重要です。壁にぶつかったら、ここにいる35人の仲間と助け合いながら壁を乗り越えてください。本学で学んだこと、コアチームで学んだことはこの先の人生で必ず活きてきます。」と力強く語りかけました。
  • 最後に、学生を代表して赤松佑唯さん(学校教育スポーツコース・3年次生)が誓いの言葉を述べました。赤松さんは、「互いに支えあい、高め合う特別なチームの一員であることを自覚し、個々の実力を鍛えるとともにチーム内で切磋琢磨しながら、これからの学生生活を過ごしていきたい。このチームで採用試験合格に向けた学力を身につけ、教員としての資質・能力の向上を目指す学習に取り組みます。」と決意を示しました。
  • 年々教員採用試験の難易度が高まり、多様化しているため、合格は決して容易いものではありません。
  • そのような中、本学は卒業生を16期輩出し、累計1,001人もの教員を世に送り出しています。
  • 先輩たちに続けるよう、「教職コアチーム第5期生」の夢への挑戦が始まりました。