教員紹介

准教授

竹川 智樹

Tomoki Takekawa

最終学歴・学位 国士舘大学大学院スポーツ・システム研究科修士課程修了(スポーツ科学修士)
専門分野

スポーツコーチング、健康・スポーツ科学、スポーツ方法学

研究テーマ バレーボールコーチング、健康・スポーツ科学、バレーボール方法学
職歴・経歴 <競技歴>
1998年、関東大学ビーチバレー選手権大会(関東インカレ)優勝
同年、全日本大学ビーチバレー日本代表
1999年、全日本大学ビーチバレー選手権大会(全日本インカレ)準優勝
同年、全日本大学ビーチバレー日本代表に選出、海外交流グアム大会ベスト8
<指導歴>
2015年、第18回世界ジュニア男子バレーボール選手権大会(U-21)アシスタントコーチ
2016年、第18回アジアジュニア男子バレーボール選手権大会(U-20)アシスタントコーチ
同年、第5回アジアカップ男子バレーボール選手権大会マネジメントスタッフ
2017年、第2回アジアU23男子バレーボール選手権大会にアシスタントコーチを務め、第3回世界U23男子バレーボール選手権大会世界選手権出場権を獲得
第19回世界ジュニア男子選手権大会(U-21)アシスタントコーチ
2018年、全日本男子バレーボールアジア競技大会チームマネジメントスタッフ

主な業績(著書・論文等)
<著書>
大学生のためのスポーツリテラシー&スポーツウェルネステキスト 日本文化出版株式会社(2014年)
リーディングス21世紀アジア 株式会社成文堂(2014年)
<研究論文>
ビーチバレーボール経験者とインドアバレーボール経験者における跳躍の相違点 国士舘大学大学院修士論文(2003年)
バレーボール選手とビーチバレー選手の垂直跳びおよび膝関節角度 体育・スポーツ科学研究(2008年)
自転車ペダリングにおける漸増負荷時の血圧変動について 体育・スポーツ科学研究(2009年)
下腿の強擦法及び軽擦法マッサージによる血圧変動について 体育・スポーツ科学研究(2010年)
活動紹介 2009年~ 日本スポーツ協会公認バレーボールコーチ3
2015年~ 日本オリンピック委員会強化スタッフ
2015年~2020年 日本代表男子バレーボールアンダーカテゴリーチームスタッフ
所属学会 日本バレーボール学会

学生へのメッセージ

スポーツは、まず自分自身の目標を決め、知識を増やし、行動し、仲間との協力などがあって達成されるものだと思います。努力したものが明らかに結果となり現れるものです。
自ら学習することに加え、人間関係・人との触れ合いを大切に考えられるような充実した大学生活を送りましょう。