BIWAKO SEIKEI TOPICS

  • BIWAKO SEIKEI TOPICS
  • 「第3回関西学生対校スポーツウエルネス吹矢選手権大会」団体戦優勝!

「第3回関西学生対校スポーツウエルネス吹矢選手権大会」団体戦優勝!

2021.02.03

イベント

教育・研究

  • 1月14日「第3回関西学生対校スポーツウエルネス吹矢選手権大会(びわこ成蹊スポーツ大学大会)」が本学のメインアリーナにて開催され、地域スポーツコース中道ゼミ3年次生13名が参加をし、団体戦優勝、団体戦準優勝及び個人戦で3位の成績を収めました。
  •  
  • スポーツウエルネス吹矢は中高齢者を中心に普及が進んでいますが、若者にも広げていきたいとの思いから、日本スポーツウエルネス吹矢協会、同近畿ブロックの協力のもと、神戸女子大学、関西学院大学、びわこ成蹊スポーツ大学を中心に、学生対校大会を企画し2018年に第1回大会が開催されました。
  • 第3回目となる今大会は、大阪商業大学、神戸女子大学、大阪国際大学、帝塚山学院大学、びわこ成蹊スポーツ大学の5大学から13チームが出場しました。新型コロナウイルス感染拡大を受け、参加学生および大会関係者の安全を最優先に考え、各大学で分散開催しました。
  •  
  • ■成績
  • 団体戦優勝 中西勲平、山本祥貴、武部陸弥、片岡優真(チーム☆やったるでぃ)
  • 団体戦準優勝 吉田優兵、仁科友汰、岡田真拓、尾崎竜誠、藤長尚希(チーム☆あれへんず)
  • 個人戦3位 仁科友汰

  • 老若男女問わず楽しめる生涯スポーツの魅力を学び、必要性を説き、世に広めていく。今大会の出場経験は学生たちの良い成長機会となりました。
  •  
  • ■中道ゼミを代表して片岡優真さんのコメント
  •  はじめはゼミの活動の一環で取り組んだスポーツウエルネス吹矢ですが、徐々にその深みを感じました。
  • 例えば普段は特別意識していない呼吸について、吹矢は腹式呼吸で行うため、気がついたら腹筋が筋肉痛になっていたりしました。
  • 新しいスポーツ領域に出会った感覚で楽しいです。
  •  
  • ■中道莉央准教授のコメント
  • 現在の社会情勢を鑑みて、コロナ時代におけるスポーツウエルネス吹矢大会のあり方を試行錯誤した結果、関係者の努力により第2回まで開催した大会を第4回へと繋ぐ大切な今大会で、団体戦優勝・準優勝、個人戦3位という好成績を収めることができました。
  • 多くの方々の協力を得ながら、様々な工夫をすれば、「スポーツができる(大会開催ができる)」ことを身をもって学んだことは、参加学生にとって大きな実りになったと感じます。
  • スポーツウエルネス吹矢は、とても奥深い競技です。引き続き、その魅力をより多くの人に発信して参りたいと思います。
  •