BIWAKO SEIKEI TOPICS

  • BIWAKO SEIKEI TOPICS
  • 想いをつなぐ!プロスポーツコアチーム1期生から2期生へ!

想いをつなぐ!プロスポーツコアチーム1期生から2期生へ!

2024.01.17

ニュースリリース

就職・キャリア

  • 1月15日、『プロスポーツコアチーム』第1期生の修了式と第2期生の結成式が同時に行われました。
  • 第1期生と第2期生が集まり、0からのチャレンジとなった第1期生の想いが第2期生へと繋がれました。
  • プロスポーツコアチームは「プロのスポーツクラブに運営スタッフとして就職したい!」という志を持つ学生に対して、必要な基礎知識や現場経験を得ることができる場を提供し、プロのスポーツクラブで即戦力として活躍できる人材を育成することを目的に結成されたチームです。
  • 第1期生の6名は、プロスポーツ現場で即戦力として活躍するために必要な知識を身につけようと、メイン講師の大河正明学長による講座を1年間通して受講。さらには、学生自らプロスポーツクラブにアポイントを取り、インターンシップにも積極的に参加しました。
  •  
  • 修了式では、この1年間の活動を讃え、大河学長から修了証が授与されました。
  • 第1期生を代表して学生の木村太一さんは「これからが勝負、これからが始まり。出会った2期生の6人で協力し合って取り組んでほしい」と第2期生へ想いを繋げました。
  • 第2期生は書類選考と面接によって選抜された6名。
  • 結成式では大河学長から「スポーツは楽しむもの、感動と隣り合わせです。主役は選手ですが、支えているのはリーグやクラブのスタッフです。ぜひ志を持って頑張ってほしい」とメッセージが送られました。
  • また、河野キャリア支援本部長は「スポーツのことを勉強し、プロスポーツコアチームの代表としてインターンシップにも積極的に参加をして実績を作ってほしい」と学生を鼓舞。
  •  
  • 第2期生は1年間を通して18回の講座を受講しながら、積極的にプロスポーツ現場での学びを深めます。
  • プロスポーツクラブで即戦力として活躍できる人材を目指した学生のチャレンジが今年もスタートします。
  • <代表学生コメント>
  • 第1期生 富永美月 さん
  • 1年間プロスポーツコアチームに所属させていただき、大変貴重な経験ができました。大河学長から直接学ぶことで、実際の現場の声やスポーツ界の現状など様々なことを深掘りしながら学ぶことができました。ここで終わりではなく、この経験を活かし今後もより飛躍できるよう頑張りたいです。
  •  
  • 第1期生 小林昌平 さん
  • プロスポーツチームの仕事など全く分からないところから始まりましたが、講座やインターンシップを通して様々なことを学ぶことが出来ました。初めは講座で学長の話を聞いていても正直分からないことばかりで、ひとつのことを理解するのに精一杯の時もありました。しかし、勉強して学んだことがクラブリリースやニュースで掲載された時やインターンシップの現場でアウトプットすることができた時に少しずつレベルアップできた実感がありました。今後も学んできたことを活かして、さらにレベルアップ出来るように頑張りたいと思います。
  •  
  • 第2期生 濵田愛梨 さん
  • 私はVリーグに携わる仕事に就きたいと考えています。大河学長のもとで、スポーツ産業をはじめ、様々なことを学び、これからのインターンシップ等で活かしていきたいです。
  •  
  • 第2期生 大原楓賀 さん
  • 私はスポーツビジネスを学ぶために入学し、京滋大学野球連盟の学生委員として試合運営に携わっています。2期生としてプロスポーツコアチームに入り、大河学長の講座を受講し、目標であるNPB球団にスタッフとして就職できるように学んでいきたいです。
  •