BIWAKO SEIKEI TOPICS

  • BIWAKO SEIKEI TOPICS
  • サッカー部(男子)Jリーグクラブ加入内定合同記者会見を開催!

サッカー部(男子)Jリーグクラブ加入内定合同記者会見を開催!

2023.11.30

クラブニュース

サッカー部(男子)

  • 11月29日(水)に本学にて、2024シーズンよりJリーグクラブに加入する工藤真人(4年次生)、石橋克之(4年次生)、清水一雅(4年次生)の加入内定合同記者会見を開催しました。
  • 報道関係者の皆様を対面およびリモートを併用したハイブリッド型の会見を実施しました。
  • <写真左から石橋克之選手、工藤真人選手、清水一雅選手>
  •  
  • はじめに大河正明学長から「8年連続25名という実績を残した理由として、自分たちで考え抜くサッカーを貫き徹底した結果がこのような結果となったと思います。新しいJリーグの扉を開いた3名を光栄に思います」と挨拶。
  • 次に、サッカー部の望月聡監督から「石橋選手は、本学でも主将を努めた実績もあり、主将としてのチームを引っ張っていく頼もしい存在。工藤選手は、相手の嫌がる得点につながるようなキラーパスが武器。そして、ミドルシュートの感性がある素晴らしい選手でした。清水選手は、しなやかさとバネがある。小柄だけど想像を超えるプレーで観客を魅了していた選手だった」と、それぞれの選手との思い出と共に3選手を紹介しました。
  • 最後に3名の選手から今後の抱負を語りました。
  •  
  • 工藤真人(4年次生/ベガルタ仙台加入内定)
  • アカデミーで過ごした念願のクラブで、プロ選手としてのキャリアをスタートできることを光栄に思います。今はJ2に所属していますが、チームの「J2優勝・J1復帰」に向けて、自分の武器でもある左足でゲームメイクし、アシストなどでチームに貢献したいです。
  •  
  • 石橋克之(4年次生/FC大阪加入内定)
  • 献身性がある部分や気の利いたプレーが自分の強みだと思うので、1年目から出していきたいです。また、今年叶わなかったJ2昇格に拘って、勝利に貢献できる選手になり目標達成をしたいと思います。また、ファンを増やして人気のある選手になりたいです。
  •  
  • 清水一雅(4年次生/福島ユナイテッド加入内定)
  • 自分のストロングポイントは身体能力とゴールへの嗅覚だと思うので、それを活かして、試合に絡んでいきたいです。また、個人でもチームでも1つ上、2つ上のステージに行けるように、得点を量産して、J2昇格に導ける選手になりたいと思っています。
  • 入学当初からチームを牽引してきた3名のこれからの活躍に期待が高まります。
  • ぜひ、びわこ成蹊スポーツ大学サッカー部(男子)、さらには卒業後も活躍するすべての卒業生への応援よろしくお願いします。

※記者会見の質疑内容は後日掲載します。