びわスポ身体操法研究会

  • びわスポ身体操法研究会

古武術とは明治維新以前に日本で行われていた武術の総称で、近代化された武道と区別するために“古”武術と呼ばれています。明治維新以前の人々はほぼ例外なく、
米俵などを運ぶなど身体を動かすことが日常生活の一部でした。しかし現代人は身体を動かす機会が極端に減っています。
我々は武術やスポーツを学ぶ以前に「ちゃんと動く身体」を取り戻す必要があり、それからスポーツなどを行うことが、よりよいパフォーマンスを発揮するための近道なのではないか、そのためのヒントが古武術の中にあるのではないかと考えています。
びわスポ身体操法研究会では、身体を通して古武術を学び、それぞれの活動場面(普段の生活や部活動など)に生かしていこうというサークルです。
顧問の高橋先生の指導のもと、学校での活動や定期的に行われる古武術の研修会などを行っています。最近では徐々にいろいろなスポーツにもその技術が応用され、プロの選手の中にも高い成績を収めている方も増えてきました。古武術の技術を学び、競技レベルや日常生活をより良いものにしたい方の参加をお待ちしております。

指導教職員

代表顧問/高橋 佳三

部員数

合計7名(2017年5月1日現在)

  • 1年
  • 1名
  • 0名
  • 2年
  • 0名
  • 0名
  • 3年
  • 2名
  • 0名
  • 4年
  • 0名
  • 0名
  • 大学院1年
  • 2名
  • 0名
  • 大学院2年
  • 0名
  • 2名

スローガン

古武術の技術を学び、個々の活動や生活、研究活動に生かす。

目標

活動日・活動場所

  • 時間
  • 場所
  • 12:10-13:00
  • 16:30-19:00
  • ※顧問の予定により変動あり
    ※週のうちどちらかの日で実施

主な合宿・遠征

特になし

費用

必要に応じて徴収

主な年間スケジュール

  • 4~3月
  • *毎月1回程度活動予定

ホームページ・ブログ